芸能

杉咲花、コロナ禍の朝を活気づける演技力 ベテランとも対等に渡り合う

(写真/公式HPより)

最近の朝ドラには人気俳優が起用される(写真/『おちょやん』公式HPより)

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』。平均視聴率は18%前後と歴代の朝ドラと比較するとそれほど振るっていないようだが、視聴者の評価は上々。特に、ヒロイン・竹井千代を演じる杉咲花(23才)に魅了される人が続出中だ。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんも、杉咲の好演に魅せられた一人だ。

 * * *
 歴史ある「朝ドラ」103作目となる『おちょやん』は、昭和を代表する女優・浪花千栄子の生涯をモデルにしたもの。明治末期、大阪の貧しい家に生まれたヒロイン・竹井千代は、9才にして道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出されることになる。見習いの「おちょやん」として働くうち華やかな芝居の世界に魅了され、自身も女優の道を志し、やがて「大阪のお母さん」と呼ばれる大女優へと成長していく姿が描かれている。

 多くの映画ファンにとって、浪花千栄子は偉大な存在だ。『山椒大夫』や『二十四の瞳』など、今も語り継がれる数々の作品に出演し、映画やドラマに欠かせない名脇役として活躍した大物女優である。そんな稀代の演技者であり、壮絶な生い立ちを持つ彼女を演じるのは並大抵のことではない。だが筆者は、放送開始前から「杉咲花なら期待できる」という関係者の声をあちこちで耳にした。過去作で今回のような役どころを演じていたわけでもないのに、多くの人がそう口を揃えるのは、杉咲の俳優としてのポテンシャルが広く認められている証だろう。

 朝ドラと言えば「若手俳優の登竜門」と言われるだけあり、「視聴者が新人俳優を応援する」という“図式”のようなものがある。だが最近は、『スカーレット』(2019年)の戸田恵梨香(32才)や『エール』(2020年)の窪田正孝(32才)のように、名実ともにすでに広く知られている俳優が、オーディションではなく製作側の決定で主演を務めるケースが目立ち、これまでの図式が崩れているように思う。今作の杉咲も例外ではなく、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年)などの代表作を若くして持ち、数々の賞も受賞している。

 長期間の撮影や物語を通して俳優が成長する姿を見られるという朝ドラの“醍醐味”が薄れたような気がして、筆者は少し寂しさを感じていたのだが、今作の杉咲を観てその考えは吹き飛んだ。ドラマが実際に始まると、杉咲はドン底から這い上がるヒロインを登場回から見事に演じており、新人俳優にはできない的確で巧みな演技術によって、視聴者がヒロインを応援するように導かれているような気持ちにさせられるのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン