芸能

杉咲花、コロナ禍の朝を活気づける演技力 ベテランとも対等に渡り合う

(写真/公式HPより)

最近の朝ドラには人気俳優が起用される(写真/『おちょやん』公式HPより)

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』。平均視聴率は18%前後と歴代の朝ドラと比較するとそれほど振るっていないようだが、視聴者の評価は上々。特に、ヒロイン・竹井千代を演じる杉咲花(23才)に魅了される人が続出中だ。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんも、杉咲の好演に魅せられた一人だ。

 * * *
 歴史ある「朝ドラ」103作目となる『おちょやん』は、昭和を代表する女優・浪花千栄子の生涯をモデルにしたもの。明治末期、大阪の貧しい家に生まれたヒロイン・竹井千代は、9才にして道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出されることになる。見習いの「おちょやん」として働くうち華やかな芝居の世界に魅了され、自身も女優の道を志し、やがて「大阪のお母さん」と呼ばれる大女優へと成長していく姿が描かれている。

 多くの映画ファンにとって、浪花千栄子は偉大な存在だ。『山椒大夫』や『二十四の瞳』など、今も語り継がれる数々の作品に出演し、映画やドラマに欠かせない名脇役として活躍した大物女優である。そんな稀代の演技者であり、壮絶な生い立ちを持つ彼女を演じるのは並大抵のことではない。だが筆者は、放送開始前から「杉咲花なら期待できる」という関係者の声をあちこちで耳にした。過去作で今回のような役どころを演じていたわけでもないのに、多くの人がそう口を揃えるのは、杉咲の俳優としてのポテンシャルが広く認められている証だろう。

 朝ドラと言えば「若手俳優の登竜門」と言われるだけあり、「視聴者が新人俳優を応援する」という“図式”のようなものがある。だが最近は、『スカーレット』(2019年)の戸田恵梨香(32才)や『エール』(2020年)の窪田正孝(32才)のように、名実ともにすでに広く知られている俳優が、オーディションではなく製作側の決定で主演を務めるケースが目立ち、これまでの図式が崩れているように思う。今作の杉咲も例外ではなく、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年)などの代表作を若くして持ち、数々の賞も受賞している。

 長期間の撮影や物語を通して俳優が成長する姿を見られるという朝ドラの“醍醐味”が薄れたような気がして、筆者は少し寂しさを感じていたのだが、今作の杉咲を観てその考えは吹き飛んだ。ドラマが実際に始まると、杉咲はドン底から這い上がるヒロインを登場回から見事に演じており、新人俳優にはできない的確で巧みな演技術によって、視聴者がヒロインを応援するように導かれているような気持ちにさせられるのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン