芸能

桂文枝 母と糟糠の妻を2日連続で看取って「贖罪の3年半」

(時事通信フォト)

糟糠の妻をがんで亡くした桂三枝(時事通信フォト)

 出会いから52年。子育てに家事、仕事のサポートまで、妻はすべてを自分に捧げてくれていたはず。それなのに繰り返してしまった裏切り行為。大切な存在にやっと気づいた、ふたりきりの最期の時間──。

 かつて美しい花々が咲き乱れていた庭は、枯れ果てた植木鉢と空のペットボトルで埋め尽くされていた。ここは、大阪府内にある桂文枝(77才)の自宅。近所から「白亜の豪邸」とうらやましがられた一戸建てから、住人が姿を消して3年半になる。

 文枝は今年に入り、連日の悲報に見舞われた。1月24日に妻の眞由美さん(享年67)が逝去し、翌日に母の治子さん(享年100)が亡くなったのだ。主を失った豪邸を閉ざす門扉には、故人を偲ぶ花がひっそりと手向けられている。この静まり返った豪邸こそ、背信を重ねた文枝が「改心」した証だった。

 文枝は太平洋戦争まっただ中の1943年に、大阪府堺市に生まれた。出兵した銀行員の父は、文枝が生後11か月のときに戦病死している。治子さんは文枝を女手ひとつで育てあげ、落語の世界に送り出した。

「苦労して大学まで出した一人息子には、本当なら企業に就職してほしいという思いが強かったようです。ですが息子の意思を尊重して、噺家の道を応援すると決めたのです」(治子さんの知人)

 大学卒業後、落語家人生をスタートさせた文枝はラジオ番組『歌え!MBSヤングタウン』(毎日放送)の司会で早々にブレークする。以降、治子さんは長年にわたり、息子の活躍を見守り続けた。

「治子さんはいつもうれしそうに息子さんの話をしていました。寄席にもよく足を運んでいたんですが、2005年頃に足を悪くしてからは、寄席に行けなくなったって寂しそうに話すことが増えたんです」(前出・治子さんの知人)

 そして2015年頃になると、治子さんは認知症を患う。文枝は2016年1月、自身のブログに若き日の治子さんと自身のツーショット写真を掲載して、《(撮影された)場所がわからない》《頼りになるのは母 94歳 さっぱり覚えてないようです ぼくのことすら わからなくなっている》と、認知症の進行を寂しそうに綴っている。この当時、治子さんの介護を担っていたのは文枝ではなく眞由美さんだった。

 ふたりの出会いは、眞由美さんがまだ15才の高校1年生にまで遡る。

「文枝さんが出演する『ヤングタウン』の公開放送を、眞由美さんが制服のまま聴きに行ったことで、文枝さんの目に留まったそうです。その後、眞由美さんは番組のオーディションにも参加するようになって、彼女を見初めた文枝さんが、ラジオ番組のアシスタントに起用しました。

 仕事上のコンビがいつの間にかつきあっていて、眞由美さんが19才になった翌日に結婚してしまった。彼女はまだ大学生でしたから、大きな話題になりました」(芸能関係者)

 2人の子宝にも恵まれたが、文枝は家庭を顧みずに“芸事”に没頭していく。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン