芸能

桂文枝 母と糟糠の妻を2日連続で看取って「贖罪の3年半」

「介護疲れもあったのか、この頃、体調を崩すことが増えたんです。弱音を吐かない眞由美さんがつらそうな表情を浮かべるのを見て、文枝さんは『もうこれ以上、妻に負担をかけられない』と、2017年頃に治子さんを介護施設に入居させました。

 同時に、最後まで自分の口から『つらい』とは言わなかった眞由美さんの姿に、自分にとっていちばん大切なのは妻だということにようやく気づいたといいます。文枝さんは、眞由美さんを自身が暮らすマンションに呼び寄せたのです。白亜の豪邸が手つかずになり、廃墟のようになったのは、家庭が崩壊したわけではなく夫婦があるべき姿に戻ったからなんです」(前出・眞由美さんの知人)

 長い時を経て、夫婦は再びひとつ屋根の下で暮らし始めた。昨年はコロナの影響で、落語の公演が次々に中止となり、夫婦水いらずの時間が増えていた。この頃、眞由美さんの周囲の人たちは「彼女に活気が戻った」と口々に語っていた。

「実は彼女、数年前から闘病していたようです。義母の介護と闘病が重なり限界でした。文枝さんにとっては贖罪の思いもあったのでしょう。夫婦で暮らし始めたことで、眞由美さんにも笑顔が戻りました」(前出・眞由美さんの知人)

 だが運命は残酷だった。昨秋、眞由美さんに追い討ちをかけるようにがんが発覚したのだ。

「文枝さんは時間がある限り、入院中の眞由美さんのもとを訪れていました。でも日々、眞由美さんの病状は悪化。あまりに速い病気の進行に、文枝さんはただ狼狽するしかありませんでした」(前出・眞由美さんの知人)

 相次いで愛妻と実母を亡くした文枝の悲しみは、筆舌に尽くし難い。1月27日、文枝は事務所を通して、こうコメントを発表した。

《亡くなる前日、眞由美が私を見つめ「ごめんねぇ」と小さな声でいったのです。今、書きながらも、涙が止まりません。その時の眞由美は美しく、出逢った時のままでした》

 糟糠の妻は最期まで夫を思い続けた──。

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン