国内

営業不振、納期遅れ、遅刻 「何でもコロナのせいにする人」が増加

何でもコロナのせいにする社員に四苦八苦…(イメージ)

何でもコロナのせいにする社員に四苦八苦…(イメージ)

 コロナ禍では職場でも家庭内でも「新しい生活様式」を迫られている。以前とは勝手が違う毎日にストレスを感じている人は多いだろう。つい「コロナさえなければ……」とこぼしたくなる気持ちはよくわかるが、なかには「関係ないだろ」とツッコミたくなる言い訳も──。

 食品メーカーの中間管理職・A氏(46)は、こう嘆息する。

「最近、社の会議で出てくるのは“コロナの影響で”という言い訳ばかり。

 外出自粛や時短営業が大きく影響する飲食店向け商品の成績が上がらないのは分かるが、巣ごもり需要で調子がいいスーパー向けの商品だって出している。その部門まで“コロナで……”と言い出して、報告を受けた側も“仕方ないよね”と納得してしまう。こんな状態が続くようだと心配です」

「コロナのせいで」病──。その危うさを早くから見抜いていたのがユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長だった。同氏は『日経ビジネス』(2020年9月7日号)のインタビューでこう語っていた。

〈世界はコロナで変わったんじゃない。うわべだけのものが全部ばれ、本質的なものが要求されるようになったということです。

 企業も政治家も官僚もそうでしょう。企業は業績悪化をコロナのせいにしているけれど、ちゃんとした経営をしていない企業は以前からしていないんですよ。それではだめ。変わる時代に合わせて行動、実行しないといけない〉

 ファーストリテイリングは2020年9月~11月期においても前年同期比23%アップの営業利益を達成。柳井氏は自らの言葉を証明して見せた。

「コロナのせい」は業績不振だけでなく、社員の怠慢の言い訳にも使われる。

 前出のA氏が続ける。

「営業成績が上がらないある若手社員は『コロナだから外回りできないんで』と言うけれど、電話やメールでマメに取引先とコンタクトを取って売り上げを伸ばしている同僚もいる。自分の努力不足を棚に上げていないか。まぁ、彼はコロナ前から決して成績はよくなかったが(苦笑)」

「コロナのせい」は至るところで使われる。ある企業の経理部社員・Bさん(40)が不満をぶちまける。

「経費精算や請求書などの提出期限を守らない人が増えてきています。催促しても“いやぁ、コロナなんで”とヘラヘラ。外回りが減ってデスクにいる時間が増えているのに」

 取引先に迷惑をかけるケースも。

 製造業の課長職・C氏(42)は、仕入先の若手社員に怒り心頭だ。

「納期遅れを指摘すると“緊急事態宣言が出て、諸々滞っておりまして……”と。“明日もってこい”というならともかく、こちらは1か月近く前から納期を提示している。ルーズさをコロナでごまかすな」

 獨協大学教授で経済アナリストの森永卓郎氏が語る。

「コロナの影響でどうしても間に合わないという状況は当然起こりうる。しかし最近はそれをいいことに納期を簡単に破る会社が出てきているようです。かつてなら納期に遅れた企業は即出入り禁止となった。しかし、いまは責任の所在が曖昧になっています。

 このような状況下でも確実に納期を守り、迅速に対応できる企業だということをアピールすれば今後のビジネスチャンスにもつながるはずですが……」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン