• TOP
  • 芸能
  • 中居&香取が揃って紺綬褒章受賞 2人が寄付に尽力する深いわけ

芸能

2021.02.19 16:00  女性セブン

中居&香取が揃って紺綬褒章受賞 2人が寄付に尽力する深いわけ

香取慎吾ももらっていた

香取慎吾と中居正広が受章

「毎日、お酒飲むたびにやっぱ思い出すんだよね」。2月13日、自身の冠ラジオ番組でそう語った中居正広(48才)。19日に最愛の父の七回忌を迎えるのを前に、父への尽きせぬ思いを吐露し、

「(父が)コロナを体験していたら、会いに行けないよね。生きていたらどうしてたんだろう。(現実に)そういう人がいっぱいいるんだろうね」

 と、コロナ禍で家族に会えずにつらい思いをしている人々をおもんぱかった。

 中居にとってもこの一年は予期せぬ出来事の連続だった。昨年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所。以降、新型コロナウイルスの影響もあり、思うように活動できていない。

「独立当初は、『仕事がなくてヒマ』とよく笑いながらボヤいていましたね。だからといって落ち込む様子はなく、淡々としていました。感染の拡大防止には人一倍気をつけていて、趣味の麻雀にも行かず、飲み会もせずに家で自炊を続けているそうです」(芸能関係者)

 そんな中でも、中居は父の教えを忘れず、困っている人へ思いを寄せ続けていた。

 2月9日付の政府官報が、大きな話題を呼んだ。紺綬褒章の受章者として中居と香取慎吾(44才)の名前が載っていたからだ。内閣府賞勲局の担当者が説明する。

「紺綬褒章とは、国や地方公共団体、公益団体などに私財を500万円以上寄付した人を顕彰する国の制度です。基本的に推薦制度になっており、団体などが寄付を受けた場合、都道府県を通じて所管する省庁に推薦します。寄付が行われてから1年以内に、省庁や内閣府の審査を経て、受章者が決定します」

 受章の際は褒章(メダル)が授与され、さらに中居の場合、賞杯として「漆塗りの木製の杯」も授与される。

「賞杯は1500万円以上を寄付した人が対象になります」(前出・内閣府担当者)

 2人の受章は、ある基金がきっかけだとされる。香取は昨年4月、稲垣吾郎(47才)、草なぎ剛(46才)とのプロジェクト「新しい地図」で『LOVE POCKET FUND』を設立した。

「“愛のポケット基金”を意味するこの基金は、もともと女性や子供を中心に支援を行う予定で準備していました。しかし、新型コロナの感染拡大を受け、急きょ基金の中に医療関係者やその家族などへの支援を目的とした『新型コロナプロジェクト』を立ち上げたのです。香取さんはそこに個人的に寄付しており、中居さんも基金の趣旨に賛同。中居さんは3000万円ほど寄付したと聞いています」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス