芸能

竹財輝之助とは何者?「香り立つ色気」の40歳がブレイク候補に急浮上

竹財輝之助

注目を集める竹財輝之助

 数多くの作品への出演歴があり、最近では話題作への起用が続くことから「あのイケメンは誰?」との声が上がっている俳優がいる。竹財輝之助(たけざい・てるのすけ)、俳優としてのキャリアは17年、年齢は40歳だ。今にわかに注目を集める理由と、その魅力についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今、ジワジワと熱狂的なファンを集め、業界内で「ネクストブレイク俳優の有力候補」と言われているのが竹財輝之助さん。

主演ドラマ『年の差婚』(MBS・TBS系)が9日に終了したと思ったら、同じ週の13日に『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系)に後半のキーマンとして初出演。26日にも主演映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』の公開が控えているほか、3月1日放送の『神様のカルテ』(テレビ東京系)へのゲスト出演も発表されたばかりです。

 その他でも、20日に生配信される即興演劇『マーダーミステリーシアター 演技の代償』、26日に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと』(WOWOWオンデマンド)のメインキャストとして出演するなど、まさにメディアをまたいで引っ張りだこの状態。ただ竹財さんは一昨年に9作、昨年に10作ものドラマに出演していて、何度も「あのイケメンは誰?」の声が挙がり、ジワジワと熱狂的なファンを増やしていました。

 2004年の俳優デビューから約17年のキャリアを持つ中堅俳優の竹財さんは、なぜここに来て急浮上しているのでしょうか。

「正統派イケメン」からの脱却に成功

 竹財さんの俳優デビュー作は2004年の『仮面ライダー剣』(テレビ朝日系)。主人公の仮面ライダー役ではなかったものの、メインキャストの一人として華々しいスタートを切りました。

 次に主戦場となったのは昼ドラマ。2005年の『緋の十字架』(東海テレビ・フジテレビ系)では愛憎劇で父と同じ女性を愛する息子役を、2007年の『砂時計』(TBS系)では純愛物語で主人公の相手役を演じて、主婦層の心をガッチリつかみました。

その2007年にはDREAMS COME TRUEの楽曲をモチーフにした映画『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』で松下奈緒さんの相手役に抜てき。スター街道を突き進みはじめたかに見えましたが、その後は正統派イケメンにありがちな見た目を重視した単発出演のオファーが多く、全国区の人気を得るには至りませんでした。

 転機になったのは、2018年にFOD(フジテレビオンデマンド)で先行配信され、その後フジテレビやBSフジで放送された主演ドラマ『ポルノグラファー』。さらに翌年、『ポルノグラファー~インディゴの気分~』も配信・放送されました。

 同作は男性同士の恋愛を描いた作品であり、一般的には同じ年に放送された田中圭さんの『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)がヒットしていましたが、より映像美を追求した竹財さんの『ポルノグラファー』もファンの熱狂度では負けていなかったのです。当時はFODの加入者数を大幅に増やし、SNSの反響も強烈なものがありましたが、今年になって映画が公開されることからも、熱の高さがわかるのではないでしょうか。

 同作での竹財さんは官能小説家の木島理生を演じていますが、その佇まいは「香り立つような色気がある」と評判でした。「正統派のイケメン」から「色気を漂わせる大人の男」という印象に大きく変わったのです。

 かつては阿部寛さん、藤木直人さん、谷原章介さんらも、「イケメン」という印象しか残りづらい役が多く苦しい時期がありましたが、年齢を重ねるとともに幅を広げて、その演技が称えられるように変わっていきました。色気たっぷりの佇まいでインパクトを放つ竹財さんも、今が過渡期なのかもしれません。

関連キーワード

関連記事

トピックス