芸能

鶴瓶の長男・駿河太郎、交通事故泥沼裁判 父に秘密にしていた事情

裁判は双方の主張が食い違い長期化

21日の昼、オフにもかかわらず、直撃に丁寧な対応をみせた駿河

 息子が長期間にわたって法廷闘争を繰り広げていることを父はまったく知らなかった。「ぜったいに親父にはバレたくない」。その思いでひた隠しにされてきたからだ。愛息はなぜ父を頼らなかったのか。トラブルで明らかになった父子物語──。

「父には伝えてなかったんですが、記事が出たことで知られてしまい、『大丈夫か』って電話がかかってきました」

 困ったように眉を下げ、そう話すのは、駿河太郎(42才)。「父」とは落語家の笑福亭鶴瓶(69才)のことだ。

 駿河は2003年にシンガーソングライターとしてデビューし、2008年に俳優に転向。2011年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』で尾野真千子(39才)演じるヒロインの夫役に抜擢されて注目を浴び、2013年には『半沢直樹』(TBS系)に出演して鶴瓶と親子共演を果たした。昨年は平均総合視聴率20%を超えたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演し、いまやバイプレーヤーとして欠かせない存在といえる。

 私生活では、結婚して一男一女に恵まれ、一家の“大黒柱”である駿河。彼が鶴瓶に「大丈夫か」と心配されているのは、自宅前で起きた交通事故が裁判に発展していると『アサヒ芸能』(2月25日号)で報じられたからだ。

 2018年4月、駿河が都内の自宅車庫に駐車するため軽自動車をバックさせたところ、走ってきたバイクと接触。バイクを運転していたのは50代の男性Aさんだった。警察により事故は「過失運転致傷」として処理された。Aさんは病院で打撲などで「14日程度の加療」と診断されたという。

 一般的に、こうした交通事故は、悪質な運転による人身事故や被害者が重症化した場合などを除き、交通違反の点数の加点など行政処分と民事上の損害賠償の処理へと進む。駿河の事故も損害賠償の話となったが、ここで大きく意見が食い違い、2018年12月にAさんが提訴したのだ。

「それまでAさんは駿河さんが契約する保険会社と示談交渉をしてきました。保険会社は治療費などの一括対応としてAさんに約86万円を支払う用意があったようです。ところが、一連の対応に納得できなかったAさんは、駿河さん個人を訴えた。事故後の治療費や後遺症の慰謝料など約530万円の損害賠償を請求したと報じられました」(芸能関係者)

 訴状によれば、Aさんは駿河がハザードランプで後退の合図や一時停止もしなかったため、Uターンをするものだと思い、バイクをそのまま走らせたところ、急にバックされ、ブレーキが間に合わなかったと主張。一方の駿河は、Aさんは駿河の車の動きを確認していたのに、強引に路肩からすり抜けようとしたために事故が起きたという言い分だ。

 さらにけがの程度についても両者の意見は異なる。Aさんは病院や接骨院などに3か月以上、約90回通院し、後遺障害等級13級の10に該当すると訴えた。だが、駿河側は打撲にかかる通院は「通常は1~2週間」で、後遺障害についても否定している。双方の意見があらゆる点で対立するため、裁判は長期化。ついに2年2か月も経った。

「長きにわたった裁判も3月3日にようやく判決が出ます。そんな中、報じられてしまったわけですが、駿河さん本人は訴訟が表沙汰になったことより、鶴瓶さんに知られてしまったことがつらかった。彼は父親に迷惑をかけることを何より避けて生きてきましたから」(駿河の知人)

関連記事

トピックス