芸能

イモトアヤコがワタナベエンタの後継ぎに? ライバルには意外な芸人

噂の出どころとなった新居を出るイモト(2020年6月撮影)

噂の出どころとなった新居を出るイモト(2020年6月撮影)

 芸能界きっての大手プロダクションでいま、前代未聞の後継者争いが噂されている。中山秀征(53才)、ホンジャマカ、ネプチューンら多くのお笑いタレントを抱えながら、瀬戸康史(32才)や志尊淳(25才)ら人気俳優陣、さらには林修(55才)、立川志らく(57才)ら人気文化人までも所属するワタナベエンターテインメント(以下、ワタナベエンタ)。

 そんな大手芸能事務所の後継者として、中堅世代の女性お笑いタレント・イモトアヤコ(35才)の名が浮上しているというのだ。あるテレビ局幹部は、

「最古参の中山ヒデちゃんや、帯番組のMCが長いホンジャマカ・恵俊彰さん(56才)、稼ぎ頭のネプチューンさんら大物先輩がいる中、にわかに信じがたいのですが、これがあり得ない話でもないんです」

 と興奮気味に話す。

 同事務所は、1959年に設立された渡辺プロダクション(通称ナベプロ)の系列事務所。この大本のナベプロとは、当時、ザ・ピーナッツやクレイジーキャッツ、ザ・ドリフターズ、森進一(73才)、小柳ルミ子(68才)、沢田研二(72才)や天地真理(69才)など、超人気タレントを一手に抱えて1960~1970年代にひとり勝ちした芸能事務所だ。

「当時、芸能事務所として初めてレコードの原盤権という巨大利権を保有し始めて、『シャボン玉ホリデー』などのテレビのバラエティー番組も自社制作し、一大帝国を築きました。1970年代までの各局の音楽番組は、出演歌手の7割がナベプロ所属だったほどです」(芸能関係者)

 1987年に死去したカリスマの渡辺晋(享年59)と渡辺美佐(92才)夫妻が、一代で築いたプロダクションは、2人の娘が跡を継いだ。長女の渡辺ミキ(60才)が、ナベプロからタレントマネジメント部門を分社化したワタナベエンタの社長になり、彼女の夫が会長に就任。次女の渡辺万由美は松坂桃李(32才)や菅田将暉(28才)、中村倫也(34才)、杏(34才)らを抱えるグループ会社のトップコートを切り盛りしている。

「そんな芸能界の名門・渡辺家ですが、この姉妹の“次”がいません。昨年までマネジャー出身のヤリ手幹部がいたが、スキャンダルで失脚。近い未来というわけじゃないけど、将来的にジャニーズの滝沢秀明さんのように、所属タレントが経営にかかわる案も急浮上しているそうなんです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン