ライフ

「アボカド+きゅうり」「焼き魚+漬物」など 要注意な食べ合わせ

(写真/GettyImages)

「アボカド+きゅうり」に注意?(写真/GettyImages)

 コロナ禍で健康に関心を持つ人が増えている。明治安田生命保険が行った調査によれば、ステイホームを機に健康意識が高まった人の中で、最も実践者が多かった改善策が「食事・栄養に気を配る」ことだったという。食生活を気にする上で、特に避けるべきだといわれているのが、特定の成分を過剰に摂取してしまうことだ。お茶の水健康長寿クリニック院長の白澤卓二さんはこう話す。

「例えばビールとレバーの組み合わせは、ビールのアルコールで肝機能が落ちたところに鉄分の過剰摂取につながりやすく、脂肪肝や肝硬変などのリスクが高くなります。

『アボカド+きゅうり』などカリウムが多い食材の組み合わせもやめた方がいい。カリウムには利尿作用があり、水分が体外に排出されやすい。排尿には体の熱が外に放出されやすいという特徴があり、慢性的な冷えにつながります。冷えは免疫力の低下から心疾患まで、さまざまな障害に直結します」

 ジャムたっぷりのトーストにハムエッグといえば朝食に並ぶことが多いメニューだが、発がん性物質を摂っているリスクもある。

「ハムなどの加工肉には発色剤である亜硝酸塩が使われることが多い。単体では人体に影響が少ないとされていますが、ジャムやマーガリンに含まれる保存料や酸化防止剤と一緒に食べることで、発がん性物質を生じる可能性があると考えられています」(白澤さん・以下同)

 和定食の定番である「焼き魚+漬けもの」も要注意。魚を焼くときにできるたんぱく質のジメチルアミンは、漬けものの添加物である亜硝酸塩と一緒に食べると、発がん性物質を発生させる可能性がある。

 輪切りにしたレモンを紅茶に入れるレモンティーも気をつけたい。

「輸入レモンには輸送中のカビを防止するために、防カビ剤が使われていることが多い。紅茶のカフェインと一緒になると、発がん性物質ができる可能性があります。ただし、ビタミンCは水に溶けやすい性質があるため、紅茶など液体に入れて飲むのは理にかなっています。防カビ剤不使用のものを選ぶ、または皮をしっかりむくか、搾って果汁だけ入れるなどひと手間かけることをすすめます」

 一緒に食べても健康に害はないが、せっかく摂った栄養素が無駄になる組み合わせもある。代表的なものが、海鮮丼やにぎり寿司でよく見かける「いわし+えび・かに」「イクラ+帆立」の組み合わせだ。

「えびやかにの甲殻類には動物性食物繊維のキトサンが含まれており、余分な脂肪の吸収を抑えてくれます。一方、健康にいいとされる青魚が含有する良質な脂分のDHAやEPAまで吸収されなくなってしまう。

 また、生の帆立にあるアノイリナーゼという酵素は、イクラのビタミンB1を破壊してしまいます。『イクラ+納豆』の組み合わせも控えた方がベター。納豆には骨粗しょう症の予防に効果があるビタミンKが豊富ですが、イクラに含まれるビタミンEがビタミンKの活性を阻害するのです」

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン