ビジネス

「生ジョッキのような缶ビール」の湧き出るような泡立ちの秘密

aa

フルオープンによって広がる麦芽香と口に流れ込む量の多さから、飲みごたえと鋭いキレを実感できる

 外食が制限される中で「家飲み」をより楽しくする逸品が今春発売される。それが『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』だ。フルオープンになるフタと自己発泡する泡で、飲食店の生ジョッキのような味わいが楽しめるこの商品、登場の舞台裏を聞いた。

 節約志向の高まりから、ここ数年は「家飲み」が増えてきた。さらに、コロナ禍で外食が制限されるようになり、その需要はさらに高まっている。そんななか、まるで飲食店の生ジョッキのようなビールを味わえる『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』が4月20日に発売される(コンビニエンスストアでは4月6日先行発売)。

「店で注文した生ジョッキのようなビール」というのは、一体どんなものなのか? アサヒビールがまず注目したのがきめ細かな泡だった。飲食店の生ビールはサーバーから注がれる泡が消えることなくビールとともに楽しめるが、通常のビールでは、グラスに注いだとしても、そこまで泡は持続しない。

 それもそのはず、炭酸缶飲料は「噴き試験」というものが繰り返し行われ、開栓時に泡が噴き出さないように、各メーカーが注力してきた歴史がある。そもそも出さないようにしてきた泡をどのようにして発泡させるのか? 発想の転換を行う必要があった。さまざまな実験を繰り返してたどり着いたのは、缶の内側の特殊塗料によりカルデラ状に凹凸を作り、自己発泡させる方法だ。通常の缶も、フタを開けたときの気圧差により少量の発泡が起きるが、特殊な塗料で缶の内側に凹凸をつけることで、その発泡が増大し、湧き出るような泡立ちが実現できるという。

 4年間の開発期間のうち、最適な泡となるような技術を開発するのに2年を費やした。実際に缶のフタを開けてみると、みるみるうちに泡が現れ、ビールの表面に広がる。しかも、液体が入っている限り継続して泡が出続けるため、飲み終わるまできめ細かな泡が楽しめる。

『生ジョッキ缶』のもう1つの特徴は、缶のフタが全開になること。口や手に触れてもけがをしないよう、缶胴、フタ側ともにアルミの先端を丸めた「ダブルセーフティー」構造となっている。この構造は一部の食品の缶詰などで採用されていることがあるが、飲料缶として使用するのは初めて。通常の缶よりも飲み口が大きく、ビールが口に流れ込む量が多いため、ゴクゴク飲むことができる。これも、お店で飲むような生ジョッキの感覚を味わえる要素となっている。

 発売前のモニター段階で飲んだ人からは、「泡を見て飲むのが楽しい!」「なんだかテンションが上がる!」と、感激の声が上がった。

「一緒に飲むことでより楽しくコミュニケーションが取れる、そんなお酒の“楽しさ”を伝えていきたい、という思いで開発を続けてきました。今回の商品で消費者のかたがリアルに驚いて楽しんでくれている反応を見て、まさしく『ビールっておもしろい!』という価値を再発見できました」と、同社のブランドマネージャーの中島健さんは話す。

 なかなか終わりの見えないコロナ禍の中、気分を上げたりうっぷんを晴らしたりしてくれそうなこの商品。首を長くして発売を待ちたい。

※女性セブン2021年3月25日号

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』340ml、アルコール分5%

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』340ml、アルコール分5%

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
吉川赳議員(時事通信フォト)
吉川赳・衆議院議員(42)、「18歳女子大生と4万円でパパ活飲酒」記事裁判で敗訴判決 請求はいずれも棄却
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
元NHKアナウンサーの長谷川朋加アナ(インスタグラムより)
【スイカップ以来の衝撃】元NHKアナウンサー(33)「初ビキニ姿披露」で隠れ美スタイルが話題「かつて山形放送局で勤務」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン