芸能

ハロプロアイドルはなぜ潔く引退するか 背景にキャリアサポート

卒業生太刀の進路はさまざま(Berryz工房。2014年撮影、時事通信フォト)

卒業後の進路はさまざま(右から徳永千奈美、清水佐紀、嗣永桃子。2014年撮影、時事通信フォト)

 元Berryz工房の徳永千奈美(28)が、2月末をもって芸能界を引退した。海外留学の経験を活かし、今春から「英語を使ったお仕事」に就くという。さらに3月3日、同じくBerryz工房の元メンバーである清水佐紀(29)が一般男性と結婚し、11月末をもって専属マネジメント契約を終了するとともに芸能界を引退することも発表された。

 近年でも、ハロー!プロジェクトでは、アンジュルム中西香菜(23)、カントリー・ガールズ山木梨沙(23)といったアイドルたちが芸能界引退を選んだ(ともに2019年12月)。また、過去にさかのぼると、2017年6月、人気絶頂にあった元Berryz工房の「ももち」こと嗣永桃子(29)が「『幼児教育』の道に進みたい」と芸能界を引退したことは多くのアイドルファンに衝撃を与えた。それより前の2016年5月、ぽっちゃりキャラの「ズッキ」こと鈴木香音(22)が「福祉に関わるお仕事をしたい」と引退した時も、同様に驚きを持って受け止められた。

 アイドル業界では老舗ブランドであるハロー!プロジェクト所属の座を勝ち取り、日本武道館などの大舞台を経験した人気アイドルたちが、こうも潔く引退を決断することに驚かされる。特にハロー!プロジェクトでは、未成年のうちに芸能界デビューする例がほとんどだ。幼い頃から慣れ親しんだ業界を去り、全く新しい世界に身を置く不安はかなりのものではないのか。

 しかし、この「芸能界の外=全く新しい世界」という認識自体がもう古いもののようだ。なぜなら、ハロー!プロジェクトのマネジメントは変化してきていると言えるからだ。ハロプロの20年来のファンであるコンテンツプランナーで編集者の小沢あや氏は語る。

「2010年代以降、ハロー!プロジェクトの人気グループにも、アイドル活動をしながら大学受験・進学をするメンバーが多数出てきました。

 Berryz工房、そしてカントリー・ガールズを牽引した嗣永桃子さんは大学で教職課程を修了。その後、実際に“子どもの教育に携わる仕事につきたい”という理由で芸能界をスパッと引退していきました。鈴木愛理さん(26。元℃-ute)もアイドル活動をまっとうしながら慶應義塾大学環境情報学部を卒業しましたし、ハロプロ全体のリーダーも務めた和田彩花さん(26。元アンジュルム)は、美術史を学ぶために大学院まで進み、実際にアートやカルチャー領域のお仕事をしっかりと掴んでいらっしゃいます」(小沢氏)

鈴木香音は2016年に引退(時事通信フォト)

鈴木香音は2016年に引退(時事通信フォト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン