モーニング娘。(もーにんぐむすめ。)

1997年にバラエティ番組『ASAYAN』(テレ東系)のオーディション企画から誕生。結成メンバーは、福田明日香、石黒彩、中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織の5人で、つんく♂(シャ乱Q)のプロデュースで翌1998年1月にシングル『モーニングコーヒー』でメジャーデビュー。新メンバーの加入および卒業を重ねながら長年にわたって活動を続けている。矢口真里(2期)ら加入後のシングル『抱いてHOLD ON ME!』や、後藤真希(3期)が初参加した『LOVEマシーン』、加護亜依や辻希美ら4期メンバーが加わった『恋愛レボリューション21』などヒット曲を連発し、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にデビュー年から10年連続出場を果たすなど国民的女性アイドルグループとして不動の人気を得た。また,「タンポポ」「プッチモニ」「ミニモニ」などグループ内の派生ユニットなども活躍。

最終更新日:2022年11月29日

モーニング娘。の最新ニュース

松浦亜弥と橘慶太 “リスペクトし合う夫婦関係”で期待される歌手活動再開とw-inds.の躍進
松浦亜弥と橘慶太 “リスペクトし合う夫婦関係”で期待される歌手活動再開とw-inds.の躍進
 2013年に活動休止して以降、公の場に出ることがなかった松浦亜弥(36才)が、今年に入って久々に芸能活動を再開し、本格的な歌手復帰も噂されている。 2001年4月に『ドッキドキ!LOVEメール』で、ハロー!プロジ…
2022.08.22 13:24
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
 不祥事を起こしたタレントがYouTubeで復帰するケースも少なくない昨今。吉澤ひとみさん(37才)についても、YouTubeでの活動再開説が浮上している。 2018年9月に酒気帯び運転でのひき逃げ事件を起こし、芸能界を…
2022.05.17 09:37
推しアイドルが卒業・引退しても応援できる!熱狂的ファンたちの実践方法
推しアイドルが卒業・引退しても応援できる!熱狂的ファンたちの実践方法
 大好きなアイドルたちを熱狂的に応援するファンたち。なかに稼いだ給料のほとんどをライブのチケットやグッズなどに費やす猛者もいるが、もしも自分が応援している“推し”がグループを卒業したり、引退したりした…
2021.09.13 16:01
卒業後の進路はさまざま(右から徳永千奈美、清水佐紀、嗣永桃子。2014年撮影、時事通信フォト)
ハロプロアイドルはなぜ潔く引退するか 背景にキャリアサポート
 元Berryz工房の徳永千奈美(28)が、2月末をもって芸能界を引退した。海外留学の経験を活かし、今春から「英語を使ったお仕事」に就くという。さらに3月3日、同じくBerryz工房の元メンバーである清水佐紀(29)が…
2021.03.16 19:39
松坂桃李・主演映画原作者が語る「一緒に行ったモー娘。ライブ」
松坂桃李・主演映画原作者が語る「一緒に行ったモー娘。ライブ」
 俳優の松坂桃李が主演を務める映画『あの頃。』(2月19日公開)が各方面で話題を呼んでいる。“アイドルオタク”というニッチなテーマが中心の本作だが、ジャンルを超えて好評を博しているようだ。原作者に松坂桃李…
2021.02.20 18:30
辻希美の教育論「失敗して苦労して、その上で幸せになってほしい」
辻希美の教育論「失敗して苦労して、その上で幸せになってほしい」
 少子化の一方で、大学進学率は上昇。文部科学省が昨年末に発表した「令和2年度学校基本調査」によると、大学進学率は過去最高となる54.4%になったという。 大学に入るのが当たり前という状況ができつつあるが、…
2021.02.02 08:11

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン