国際情報

在印チベット人にコロナ感染拡大 ダライ・ラマがワクチンを緊急接種

ワクチンを打ったダライ・ラマ14世

ワクチンを打ったダライ・ラマ14世

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世、その秘書ら側近や最高幹部のあわせて10数人が3月6日、インド北西部の山岳地帯、ヒマチャルプラデシュ州ダラムサラのチベット亡命政府本部近くの病院で、新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

 ダラムサラに住むチベット人らの間で新型コロナウイルスの感染が急拡大したことから、85歳と高齢のダライ・ラマのウイルス感染の可能性に危機感を抱いたインド政府が、ワクチンの提供を緊急に決めたという。複数のインドメディアが報じた。

 ダライ・ラマらが接種したワクチンは英オックスフォード大学と製薬会社のアストラゼネカが共同で開発し、インドで生産されたワクチンで、2月25日に世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに登録されたばかりだった。

 ダラムサラでは3月4日までの1週間で、チベット人61人の感染が確認されたほか、2月下旬にもダラムサラ近くの修道院で154人の僧侶がウイルス感染したと診断され、地元住民はパニック状態に陥ったという。

 チベット亡命政府は、今後も医療従事者を含む413人のチベット人が予防接種を受け、248人の高齢者がインド政府からワクチンを提供される予定であると発表している。しかし、この数はダラムサラのチベット人の人口のわずか0.5%に過ぎず、チベット人全員が接種を受ける予定は決まっていない。

 インド政府のチベット問題専門家によると、インドなどの亡命チベット人居住地域の生活レベルは極めて貧弱であるという。

 また、インド全体では感染による死亡者はすでに15万人以上に上っており、感染者数も世界2位の水準にあることから、亡命チベット人の感染率も今後、高くなることが考えられる。

 今後の対応について、ダライ・ラマは「私がワクチンを接種したのは、チベットの皆さんが早く接種してくれるよう望んでいるためでもある。是非、積極的に接種してもらいたい。そのために、チベット亡命政府もできるだけのことはするつもりだ」と表明している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン