スポーツ

「海外客ゼロ」の東京五輪 フェンシングや馬術はガラガラに?

リオ五輪でも空席が目立つ競技はあったが…(写真/EPA=時事)

リオ五輪でも空席が目立つ競技はあったが…(写真/EPA=時事)

 延期を乗り越え7月に開催される予定の東京五輪は、一筋縄ではいかなそうだ。現段階で、すでに大きな問題に直面している。

 開催するためには、やむを得ない判断なのか。政府と五輪組織委、東京都が、海外からの一般客受け入れを断念する意向と報じられた。その影響は計り知れない。まず問題になるのが、すでに販売済みの海外向けチケットだ。

都民が減収分を税金で肩代わり

 東京五輪は当初、1000万枚超のチケットを販売予定で、そのうち海外向けは90万枚程度が販売済みだった。組織委によれば、東京五輪のチケット収入は約900億円と見込まれている。過去の大会では全体の1~2割が海外販売分となっている。単純計算でも100億円規模の減収は免れない。

 五輪招致運動で推進担当課長を務めた国士舘大学客員教授の鈴木知幸氏によれば、「大会収支が赤字の場合、IOC(国際オリンピック委員会)と開催都市契約を結ぶ東京都が負担することになる」という。減収分は公費で穴埋めされるのだ。

フェンシング、馬術はガラガラ?

 競技会場となるスタジアムでも、異例の光景が繰り広げられることになる。元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏が言う。

「海外客が全体の1~2割というのは、あくまで“平均値”の話です。海外から東京五輪のチケットを購入する場合、組織委が各国のオリンピック委員会(NOC)に配分したチケットを公式代理店を通して入手する。各代理店は、自分たちが担当する国の人気スポーツを踏まえ“この競技のチケットは多めに配分してほしい”と要望を出している。その配分は各国との交渉なので、日本ではマイナーでもヨーロッパなどで人気の高い競技は海外で多く販売されている可能性が高い」

 フェンシング、馬術、射撃、自転車競技、ハンドボール……これらの競技では“空席率”が高いかもしれない。

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン