• TOP
  • ライフ
  • 医療脱毛の正しい病院の選び方 注目すべきは「専門医」と「機器」

ライフ

2021.03.29 11:00  女性セブン

医療脱毛の正しい病院の選び方 注目すべきは「専門医」と「機器」

若い女性が「VIO脱毛」する理由に変化も

「VIO脱毛」する人が増えているという

 暖かくなってくるこの季節、そろそろムダ毛の処理をしたいと考える人も多いだろう。「わき」や「うで」はもちろん、最近では「アンダーヘア(VIOライン)」の脱毛をする人も増えている。また、アンダーヘアの脱毛については、清潔さを保つという理由でも、注目されている。

 では、実際に脱毛をするとき、どの方法を選べばいいのだろうか。美容皮膚科医の慶田朋子さんはこう話す。

「かみそりやシェーバー、除毛テープなどによるセルフケアは、肌を傷つける可能性がとても高いんです。たとえばかみそり負けをしたことはありませんか? これは肌のバリア機能が刃物などの刺激によって壊され、皮膚に炎症が起きた状態。放っておくと感染症の原因にもなります」(慶田さん・以下同)

 特にアンダーヘアのセルフケアは性感染症の一因にもなりかねないという。

 おすすめの方法は、医師の手によるレーザー脱毛だ。永久脱毛ができるだけでなく、レーザーの作用で毛穴がしまってシミやくすみも改善され、きめが整う。二度と毛が生えてこないので、剃毛で肌をこれ以上傷めることもない。

「医療脱毛とは、医療用のレーザーを照射することで、毛根にある毛を生やす組織を安全に破壊する方法です。レーザーの照射スピードが速くなったので、1回の施術時間は大幅に短縮し、痛みもほとんどありません。処理した場所の毛は9割以上確実に生えなくなり、残る毛は産毛になります」

 施術を行えるのは医療資格を持つ医師・看護師のみだ。かつては施術中に痛みがあったが、いまは冷却ガスで冷やしながらレーザーを照射するのでほとんど痛みはない。VIO脱毛では麻酔クリームを塗って行う。

 一方、エステサロンなどで行われる脱毛は、レーザー光を毛根のメラニン色素に照射し、毛根を弱らせていく方法だ。毛が目立たなくなるまで何度も施術しなくてはならず、時間がかかる。永久脱毛というよりは軽い減毛だが、安価である。ただし、浅黒い肌だと熱傷のリスクが高い。

 どの方法にすべきかは、それぞれのメリット・デメリットを考えたうえで決めよう。

関連記事

トピックス