• TOP
  • 芸能
  • 滝川クリステル&小泉進次郎夫妻、「庶民の味方」からかけ離れた理由

芸能

2021.03.29 16:00  NEWSポストセブン

滝川クリステル&小泉進次郎夫妻、「庶民の味方」からかけ離れた理由

愛犬と並んで歩く滝クリ

庶民とかけ離れた感覚を指摘されている滝クリ(写真は昨年6月)

 フリーアナウンサーの滝川クリステル(43才)が、昨年末からかつてないほどの向かい風を浴びている。3月16日に、昨年1月に生まれた1才の長男と一緒にヨガを楽しむ様子をアップしたのだが、長男の両足を持って逆さまにした画像で、子供の安全を危惧する声も上がっていた。

 昨年末から、長男を公式インスタグラムにたびたび登場させているが、子供にまつわる“炎上案件”は他にもあった。この親子ヨガ以外にも昨年11月には、『FRIDAY』に夫の小泉進次郎環境大臣(39才)と深夜に子連れで外食をする様子を報じられ、このときもネット上では《1才にも満たない子供を、コロナ禍の深夜に連れ出すとは!》などの“批判コメント”が目立っていた。
 
 ある芸能関係者は「特にひどかったのは、3月21日に美容院にいったときの滝クリさんのインスタでした。美容院の床に愛犬と息子さんが寝転んだ写真を公開し、『美容室に大型犬を入れるなんて非常識』『髪が散らばる床に子供を寝転がせて、なぜ笑っていられるの』などと、コメント欄がバッシングだらけでした」と苦笑いした。

 芸能リポーターは「クリステルさんは、もともと庶民感覚とズレているところがあったのですが、そこに進次郎大臣との結婚。実生活のセレブ的振る舞いに、反感を持ってしまう方々が増えてきてしまいました」と解説した。

 近年の夫の政治家としての評価急下降も影響している。2019年の国連気候行動サミットで「気候変動問題に取り組むことはセクシーでしょう」とスピーチして、失笑を買った「セクシー発言」。それに続いた数々の珍発言。中途半端だった育児休暇もあり、すっかり評判を落としてしまった。

関連記事

トピックス