滝クリ一覧

【滝クリ】に関するニュースを集めたページです。

【動画】滝川クリステルの変化 横須賀で姿を目撃、地元へのアピールか
【動画】滝川クリステルの変化 横須賀で姿を目撃、地元へのアピールか
 2歳の息子に英才教育を受けさせている滝川クリステルさん。 最近は、小泉家代々の選挙区である神奈川県横須賀市にたびたび出没しているようです。 進次郎氏の支援者によると「滝川さんは結婚当初、都心の高級マンションに家族で住み続けて、選挙区には正月すら帰ってこなかった。それが、最近は頻繁に夫婦で帰ってくるようになった。この前も、実家近くを滝川さんの大きな愛犬を連れて進次郎さんと一緒に散歩していました」とのこと。 息子の教育も地元へのアピールも、将来を見据えた戦略のようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.05.21 07:00
NEWSポストセブン
【動画】滝川クリステル、2歳長男に英才教育 小泉家後継として準備か
【動画】滝川クリステル、2歳長男に英才教育 小泉家後継として準備か
 『女性セブン』で2歳の長男を“セレブ幼児教室”に通わせている姿がキャッチされた滝川クリステルさん。 日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり、“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳う都内でも有名な幼児教室だそうです。 事情に詳しい記者は、「小泉家は4代続く政治家一家で、長男が5代目となることは確実。政治家の語学の重要性を考えた結果が、息子への小さい頃からの英才教育に現れているのでしょう」とコメントしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.05.20 07:00
NEWSポストセブン
依然人気の高い滝川クリステル(時事通信フォト)
滝川クリステル、長男の将来は「さかなクン」も小泉家後継者として準備着々
 2019年に衆議院議員の小泉進次郎氏(41才)と結婚したフリーアナウンサーの滝川クリステル(44才)が、5月6日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。2020年に誕生した長男について語った。「滝クリは前回出演時、妊娠6か月だったため、今回の話題は大半が子供のこと。現在2才になる息子は4000g以上の健康体で生まれ、彼女は日本語、英語、フランス語で話しかけているそうです。夫は息子の誕生以来、帰宅が早くなり、育児にも積極的に参加。教育方針については、『夫は、“さかなくん”のように好きなことを見つけて没頭して欲しいと話している』と明かしました」(テレビ情報誌記者) 自身が売れっ子のフリーアナとして活躍する一方、夫の仕事は政治家。話しぶりからは、多忙を極める中でも息子に愛情を注ぐ様子がうかがわれるが、滝川の行動がたびたび物議を醸してきたのも事実だ。「息子を溺愛する滝川は、Instagramにたびたび長男の写真を投稿してきましたが、その行動が批判の的になったことは数知れません。コロナ禍の深夜に外食している姿を写真週刊誌に撮られ、『1才に満たない子供を深夜に連れ出すなんて!』と、批判が殺到したことや、番組用の衣装で長男が遊ぶ様子をInstagramに投稿して、『しつけがなっていない』と、批判を浴びたこともありました。 それだけではなく、一緒にヨガを楽しむ様子をInstagramに投稿したものの、その画像が子供の両足を持って逆さまにしたものだったため、『危険だ』という声が殺到したことも。その数日後には、愛犬と息子が美容院の床に寝転ぶ姿を投稿し、『不衛生だ』との声がネットで上がりました」(ネットニュース編集者) 他人の子育てにケチをつけるのは野暮だが、滝川の脇の甘さを指摘する声は多い。これだけ批判を浴びてもSNS投稿を止めないメンタルの強さは“政治家の妻向き”といったところか。『徹子の部屋』では、「好きなことを見つけて没頭して欲しい」と語った滝川だが、実際には着々と英才教育を施している。 9日発売の『女性セブン』には、“セレブ幼児教室”に長男を通わせている姿がキャッチされている。日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり、“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳う都内でも有名な幼児教室で、フルに通えば年間200万円以上の授業料がかかる教室だという。「いささか気が早い話ですが、小泉家は4代続く政治家一家で、長男が地盤を継いで5代目となることは確実。滝クリは、結婚直後は選挙区にほとんど顔を見せませんでしたが、近頃は“改心”して地元に足を運んでいるといいます。進次郎氏は一時期、未来の首相候補として期待の星でしたが、“セクシー発言”やポエムのような物言いの連続で評価が下がってしまった。妻はその空気を敏感に察知したのかもしれません。 進次郎氏はアメリカへの名門・コロンビア大学に留学し、ワシントンのシンクタンクに勤めた経歴の持ち主ですが、英語力への評価は決して高くない。政治家の語学の重要性を痛感した結果が、息子への1才からの英才教育に現れているのでしょう」(フリー記者) 期待のJr.への教育は“ぬ・か・り・な・し”のようだ。
2022.05.13 16:00
NEWSポストセブン
滝川クリステルの息子はセレブ幼児教室通い
滝川クリステルが見据える将来 息子はセレブ幼児教室通い、選挙区へのアピールも
 4月下旬の昼下がり、一台の高級車が都心の幹線道路に停車した。運転席から降りてきたのは、黒のキャップを目深に被り黒のスパッツにサンダルを履いた滝川クリステル(44才)。足早にビルに入ると、2才になった愛息を抱えて戻ってきた。「このビルには有名な幼児教室があります。日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳っています。週に5日、朝から夕方までのコースだと年間200万円以上の授業料がかかります。滝川さんの息子さんがどのコースに通っているかはわかりませんが、昨年の春頃からお見かけしますね」(保護者のひとり) 1才からセレブ幼児教室で英語教育とは、意識の高さを感じさせるが、“小泉家”にとって英語の習得は悲願でもあるようだ。フランス人の父と日本人の母を持つ滝川クリステルは、日本語・フランス語・英語を話すトリリンガル。しかし英語圏で暮らした経験はなく、英語は独学で習得したという。「滝川さんの英語は発音やイントネーションがぎこちなく、日本人特有の“カタカナ英語”なんです。ネット上ではその発音を揶揄する声もあがっています」(芸能関係者) さらに、夫の小泉進次郎・前環境大臣(41才)にとっても英語は鬼門と言える。進次郎氏は2019年9月に環境大臣として初入閣。その直後に米ニューヨークで行われた国連の会合に出席し、外交デビューを果たした。その際、進次郎氏は意気揚々と英語でスピーチを披露したが、「気候変動問題にはセクシーに取り組むべき」という“珍発言”によって国内外からひんしゅくを買ってしまった。「当時は“セクシー発言”ばかり注目されましたが、その裏で彼の英語力が酷評されました。文法がメチャクチャなんです(笑い)。彼は米国の名門・コロンビア大学の大学院に留学し修士号を取得して、その後はワシントンのシンクタンク(戦略国際問題研究所)に勤務していますが、その英語でまともに働けていたのかと疑問を抱く人も少なくなかった」(永田町関係者) 思えば、結婚後の進次郎氏には逆風が吹き荒れていた。前述のセクシー発言以外にも、発信する言葉が「ポエムだ」と批判され、環境大臣時代に強行したレジ袋有料化も後に本人が「あれは私じゃないんです」と責任逃れに終始したりと、もはや“将来の総理候補”の声は聞こえなくなった。「もちろん滝川さんは悪くないのですが、結婚で潮目が変わってしまったのは事実。彼女もその空気を感じ取って、“政治家の妻”として改心しているようです。進次郎さんと小泉家の5代目となる息子さんのために変わろうとしています」(永田町関係者) 最近、小泉家代々の選挙区である神奈川県横須賀市ではある変化が見られているという。進次郎氏の支援者が話す。「滝川さんは結婚当初“新しい政治家の妻像”を作るという思いがあって、都心の高級マンションに家族で住み続けて、選挙区には正月すら帰ってこなかったんです。それが、最近は頻繁に夫婦で帰ってくるようになった。この前も、実家近くを滝川さんの大きな愛犬を連れて進次郎さんと一緒に散歩していました」 息子の英語教育も地元へのアピールも、将来を見据えた戦略なのだろう。政治家の妻として、滝川クリステルの本領発揮となるか。※女性セブン2022年5月26日号
2022.05.12 07:00
女性セブン
依然人気の高い滝川クリステル(時事通信フォト)
長男を車内放置 滝クリが炎上続きでもインスタ続ける理由と進次郎の責任
「滝クリ」の愛称でおなじみのフリーアナウンサー・滝川クリステル(43才)が、1才の長男を車内に放置したとして、ネットで激しい批判に晒されている。 滝クリの「長男放置」は、『週刊新潮』(6月24日号)で報じられた。その内容は、滝クリが車内に長男を残したまま商店で所用を足したというもの。一度、車に戻ってきてはいるものの、当日の気温は29度と高温だった上、放置時間がのべ30分にも及んでいたため、無責任かつ危険な行為に非難の声が殺到した。彼女がネットで批判に晒されたのは、これが初めてではない。ネットニュース編集者はいう。「滝クリへの風当たりがハッキリと強くなったのは、昨年11月に『FRIDAY』で報じられた“夜間会食+オシッコ放置”です。滝クリと進次郎氏が息子と愛犬を連れて食事に出かけたものの、1才に満たない子を22時まで連れ回し、なおかつ愛犬の3度にわたるオシッコの処理を怠ったというもので、ネットの声は批判一色でした。 SNSでも炎上騒動を何度も起こしています。昨年12月には、番組用の衣装で長男が遊ぶ様子をインスタに投稿して『躾がなっていない』『大切なものを手が届く所に置くな』と、批判が寄せられ、今年3月には、長男とヨガをしている様子をインスタに投稿し、両足を持って逆さまにしている様子に『危険だ』という批判が殺到。懲りずに数日後には、美容院の床に愛犬と長男が寝転ぶ姿を投稿し、『不衛生だ』とバッシングに晒されました」 これだけ批判的な声が多く寄せられれば、普通の感覚ならSNSへの投稿には慎重になるはずだ。この行動を読み解く1つのキーワードが、結婚発表時にインスタで発したメッセージだという。「滝クリは、なれそめや妊娠について報告すると同時に、『“政治家の妻はこうあるべき”という形にとらわれず…』と綴りました。だから、テレビやメディア出演を止めないし、SNSでも自由に発信を続ける。それが滝クリの“商品価値”なのです。 実際、批判の声があってもCMには引っ張りだこですし、イベントで起用される機会も多い。立て続けの炎上はさすがに想定外でしょうが、“新しい形の政治家の妻”をアピールするためにも、自由なSNSでの発信は必要不可欠なのです」(広告代理店関係者)一方で、進次郎氏の首相への道はどんどん遠ざかる もっとも、「一連の騒動の責任の一端は夫の小泉進次郎氏にある」という指摘もある。ジェンダー問題に詳しいフリー記者はいう。「今回、滝クリが車内に1歳の子供を放置したのは問題外ですが、育児を妻に任せきりにしている夫にも責任はあります。進次郎氏は昨年、長男出産に際して育休を取得して大きな話題になりました。大臣が産休を取るのは史上初だったので、概ね好意的に受け止められましたが、その日数がわずか2週間あまりだったので、『たったそれだけ』『イクメンアピールか』と、少なからぬ批判が寄せられました。 育休取得後、進次郎氏は『(育休は)全然休みなんかじゃない』と、殊勝な感想を述べましたが、滝クリのインスタを見る限り、日中の育児はほとんど彼女がやっているようです。彼に本当に求められていたのは、育休を取ることではなく、育休後も家事、子育てをきちんと分担することだったはず。妻にばかり家事や子育ての負担が増えたことが、度重なる炎上騒動を招いたとも考えられます」 小泉純一郎元首相の息子である進次郎氏は「自民党のプリンス」と呼ばれ、将来の首相とも言われている。しかし結婚と前後して、それまでは盤石のように見えた彼の評価が徐々に揺るぎ始めている。フリーのジャーナリストはいう。「一時期は次の首相候補と持ち上げられ、本人も『ネクストバッターズサークル』と口を滑らせるほどでしたが、国連本部で開催された環境会議での“セクシー発言”や内容の無い“ポエム発言”ですっかり株を下げ、つい先日も、温室効果ガス46%削減について、『46という数字がおぼろげながら浮かんできた』と、発言。関係者の評価はガタ落ちです。 進次郎氏の父である小泉純一郎元首相は『古い自民党をぶっ壊す』と言って支持を集めましたが、進次郎氏も、『妻を選挙には関わらせない』と発言し、“古い政治家と妻”の形をぶっ壊す道を目指しました。滝クリの自由な振る舞いは、その印象を植え付ける絶好の材料で、“自由にさせるのも計算のうち”ということだったのでしょう。 しかし本人は軽はずみな発言を繰り返して評価を落とし、妻も炎上続きという状況では、首相など夢のまた夢。抜群の知名度と父親の地盤があるので、選挙で落ちる可能性はほぼゼロですが、そろそろ軌道修正しないと、党内でどんどん肩身は狭くなりそうです」(ジャーナリスト) 滝クリと言えば、五輪招致活動の“オ・モ・テ・ナ・シ”が有名だが、そろそろ夫婦関係やインスタの“ミ・ナ・オ・シ”が必要なのかもしれない。
2021.07.05 16:00
NEWSポストセブン
加藤綾子アナ
変わりゆく女子アナの婚活事情 コロナ禍で飲み会減り社内婚が増加?
 加藤綾子アナ(36)の電撃婚が世間を驚かせた。お相手は過去にも別の女子アナと噂になったことがある人物。実は、同じ男性を女子アナたちが奪い合う構図は少なくないようだ。そして、一昔前ほどではないものの、女子アナのプロ野球選手人脈も健在だ。「局が選手に取り入るため、食事の席に女子アナを呼ぶことが交際のきっかけになりやすい。とくにフジはスポーツ番組が強いので出会いも多い。最近も久慈暁子アナ(26)とヤクルトの原樹理(27)の破局が報じられたが、アナウンス室に緊張が走ったのは堤礼実アナ(27)とDeNAの神里和毅(27)が付き合い始めたとき。過去に神里は小澤陽子アナ(29)と付き合っていたとも言われていたからです」(フジ関係者) NHKの桑子真帆アナ(34)とフリーアナウンサーの滝川クリステルアナ(43)も“オトコ”でつながる。「桑子アナの交際相手は、俳優の小澤征悦(47)です。桑子アナは俳優・和田正人(41)の紹介で小澤と知り合い、結婚も近いと言われています。小澤は過去に滝クリや杏(35)との交際が報じられ、滝クリは小澤との破局後に小泉進次郎(40)と結婚した。滝クリも椿原慶子アナ(35)と同様、幅広いセレブ人脈を持っている」(女子アナに詳しいライター) 共演者と恋に落ちるケースもある。「フリーアナの徳永有美アナ(45)の夫・内村光良(56)は、徳永アナの先輩であるテレビ朝日の下平さやかアナ(48)と交際していた過去がある。二人とも深夜の『内村プロデュース』で出会ったのが交際のきっかけでした。2005年に結婚して退社した徳永アナは現在、フリーとして『報道ステーション』のMCを務めていますが、同じ職場で下平アナと働いているというのも時の流れを感じます」(テレビ朝日関係者) 複雑な関係性が垣間見えるが、近年の女子アナ婚活事情は様相が変わりつつある。「日テレの徳島えりかアナ(32)やフジの永島優美アナ(29)が社内結婚しました。最近はコロナで出会いの場となる飲み会も少ないので、社内で結ばれるケースがさらに増えるかもしれません」(前出・テレビ局関係者) 女子アナの婚活模様は、世相を映す鏡なのかも。※週刊ポスト2021年7月2日号
2021.06.20 16:00
週刊ポスト
加藤綾子アナ
カトパン、出水アナ、椿原アナ…「元カレネットワーク」が生まれるワケ
 カトパンこと加藤綾子アナ(36)の電撃婚が世間を驚かせた。お相手はどうやら過去にも別の女子アナと噂になったことがある人物。同じ男性を女子アナたちが奪い合う構図は少なくないようで……。 カトパンのお相手は、神奈川県を中心にスーパーや食肉店を運営する年商2000億円企業の社長・A氏(39)だった。 キューピッド役と噂されたのは、フジテレビ時代の同期である椿原慶子アナ(35)だ。「カトパンと椿原アナは過去に何度も一緒に合コン現場を撮られている。椿原アナは兵庫・芦屋出身のお嬢様。新人時代から広尾の高級マンションに住んでおり、社交的で顔が広い。その人脈でA氏を紹介したのではないか。カトパンの元カレであるEXILEのNAOTO(37)も椿原アナの紹介だそうです」(フジテレビ関係者) カトパンの伴侶のA氏は女子アナの世界では有名人。過去には他局のアナとも交際していた。「A氏は6年前にTBSの出水麻衣アナ(37)と路チューする姿をスクープされた。ちなみに出水アナは、過去に椿原アナの夫の会社社長・B氏とも付き合っていた」(女子アナに詳しいライター) なぜ、ここまで“元カレ”がカブるのか──。女子アナたちには、局の垣根を越えたネットワークがあるようだ。「多忙で出会いの場が少ない女子アナが頼るのが、信頼できる人が開く合コンです。相手は企業経営者などの一流ビジネスマンが多く、番組スポンサーが『女子アナを連れてきて』とプロデューサーに頼み込むケースもある。A氏はそういった合コンの常連として知られていた。だから女子アナたちの興味が集中したのでしょう」(テレビ局関係者)※週刊ポスト2021年7月2日号
2021.06.19 16:00
週刊ポスト
【動画】滝川クリステル、特別待遇が物議 進次郎氏と豪華個室面会
【動画】滝川クリステル、特別待遇が物議 進次郎氏と豪華個室面会
 虫垂炎の手術を受けて入院していた小泉進次郎環境相。この入院が波紋を呼んでいます。 進次郎氏が入院していた部屋は超豪華個室の一つ。広さは100㎡を超える特別個室でリビングに、応接室も付いており、一泊18万円前後するそうです。 問題となっているのは、滝川クリステルさんの訪問。進次郎氏の知人は「コロナ渦であるにもかかわらず、滝川さんは進次郎氏の病室に入って行った。これこそ、特別待遇ではないかと指摘されています」と語っています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.05.24 07:00
NEWSポストセブン
滝川クリステル、進次郎氏の入院で「コロナ禍なのに面会」で波紋
滝川クリステル、進次郎氏の入院で「コロナ禍なのに面会」で波紋
 環境大臣の小泉進次郎氏(40才)の5日間の入院が波紋を呼んでいる。進次郎氏が体の“異変”を訴えたのは5月10日朝のこと。病院で「虫垂炎」と診断された進次郎氏は、1泊18万円という超豪華な個室に入院した。コロナ禍で医療体制が逼迫し、一般の患者がたらい回しにされる事態も起きるなか、異変を感じたら即検査、即入院、即手術という処置を受けたのだ。 それだけではない。「今回の入院はいわゆる簡単な盲腸の手術です。しかし、コロナ禍であるにもかかわらず妻の滝川クリステルさん(43才)は進次郎氏の病室へ入って行った。これこそ“特別待遇”ではないかと指摘されています」(進次郎氏の知人) 当該病院でも、原則面会は禁止されている。「面会が許される特例は、生死にかかわるなど緊急事態で呼び出しがあったり、難しい手術での付き添い、また医師から診療に関する説明を受ける場合などに限られます。それも患者当人では治療方針を決められない場合などが想定されています。 そういった意味では、今回の進次郎さんの手術はまったく面会が必要のない状況でした。滝川さんは手術の同意書を書くために病院を訪れたそうですが、それも電話でもできるようになっていますし、ましてや病室に入る必要はない。でも、彼女は手術の間、ずっと特別室で待っていて、進次郎さんと面会してから帰宅したそうです」(前出・進次郎氏の知人) ある医療関係者はこうため息をつく。「コロナ禍にあって、患者さんへの面会はどの病院でも原則全面禁止なのは当然のこと。小さい子供の手術でも面会は限られ、危篤状態の人でも会えるのは1回に限るなど、本当に大事な人の死に目にも会えないような悲痛な状況が続いています。そんななかでの夫妻の行動には疑問符がつく。“自分たちは特別”と思っているのか、批判が出ても仕方がないのではないか」 永田町関係者も苦笑する。「完全個室で面会が“特別”に認められており、ルール違反をしたわけではないとしても、進次郎氏と滝川さんの行動は理解に苦しみます。5泊でトータル100万円近い入院費用。保険が下りたとしても自費の部分もあるでしょう。そうしたとき、税金を支払う国民感情に少しでも思いをはせないのでしょうか。自分たちがVIPとして過ごすことに少しの違和感もなかったのでしょうか。 つい先日、ある代議士がコロナ以外の病気で入院しました。その代議士も個室に入院していましたが、家族はパジャマなどの必需品をナースステーションに渡しただけで、当然面会はかないませんでしたし、面会したいと申し出ることもありませんでした」 振り返れば、結婚後のふたりは一般庶民が首をかしげざるを得ないような言動が取り沙汰されてきた。「滝川さんは妊娠中に、アメリカではやっている安産を願うパーティー“ベビーシャワー”を催しました。会場は代官山の超有名フレンチレストランで、会費は1人2万円。しかも彼女自身が参加者たちに知らせてきた“欲しいものリスト”は1点5万円以上するものばかりだったそうで、価値観の違いに友人たちも驚いていました」(芸能関係者) 昨年11月中旬には生後10か月の長男と愛犬を連れて、夫婦でイタリアンレストランへ。夜10時まで外食し、子育て経験のある女性たちから批判を浴びた。進次郎氏の発言も“迷走”が続いている。2019年9月には国連の気候行動サミット出席のために渡米し、謎の「セクシー発言」で世界中の顰蹙を買った。 今年4月には「日本は温室効果ガスを46%削減する」という新たな目標を打ち出したが、「46という数字はおぼろげながら浮かんできた」と言い放った。「もともと“その場の雰囲気を盛り上げる”だけの発言に歯止めがかからなかった進次郎氏。結婚後は滝クリさんがストッパー役になると期待されていましたが、ますますひどくなるばかり。今回の入院の一件も、ふたりの感覚がいかに世間とズレているかを表している」(政治部記者) 進次郎氏が退院した翌日の夕方、滝クリは小雨が降るなか、右手で長男が乗るベビーカーを押し、左手で愛犬のリードを持ちながら自宅周辺を散歩していた。夫の総理大臣への道に黄色信号が点滅し始めていることも知らずに、道行く人に時折愛想を振りまきながら──。※女性セブン2021年6月3日号
2021.05.21 11:00
女性セブン
小泉進次郎氏 コロナ禍でも1泊18万円個室に即入院、即手術の特別扱い
小泉進次郎氏 コロナ禍でも1泊18万円個室に即入院、即手術の特別扱い
 一般国民とは対極にいる特権に守られた人たちのことを揶揄して使う言葉、「上級国民」。コロナ禍で医療体制が逼迫し、病院をたらい回しにされる事態も生じるなか、小泉進次郎・環境大臣(40才)は“特別扱い”を受けていた──。 平常時と違い、コロナ禍の入院生活はあらゆる制限がある。5月15日、5日間の入院を終えた小泉進次郎氏は病院を後にした。少しやせた印象はあるが、厳しい入院生活の下での苦労は感じられず、肌艶のよい晴れ晴れとした表情だった。 進次郎氏が体の“異変”を訴えたのは、5月10日朝のことだった。「突然、胃やへその周りに痛みを感じたそうです。発熱もあったため、午前中に医療機関を受診し、PCR検査を受けたところ『陰性』の判定。それから都内の大学病院に移り、『虫垂炎』と診断され入院に至った」(全国紙政治部記者) 虫垂炎とは盲腸炎の一種で、正確に言うと盲腸の下部から出ている細い管状の突起部分(虫垂)の中に便が固まった糞石ができたり、細菌感染などにより炎症を起こす病気をさす。「進次郎氏が訴えた胃の痛みと発熱は虫垂炎の初期症状でした。切羽詰まった病状ではなかったが、大事をとって当日午後の衆院予算委員会を欠席。すぐに手術を受けられることになりました。2時間ほどの簡単な手術だったようです」(前出・政治部記者) 術後の経過観察のため5泊入院。冒頭の通り15日に無事退院となった。しかし、この入院が波紋を呼んでいる。都内の病院、進次郎氏が入院していた部屋は超豪華個室の1つだった。「広さ100平方メートルを超える特別個室で、リビングに応接室、さらには前室もある一流ホテルのスイートルームさながらです。寝室には50インチの大型テレビが備えつけられ、リクライニングシートに座ってゆったり楽しむことができる。上層階に位置しており、眺望も抜群。宿泊費……いや、入院費は、1泊18万円前後です」(進次郎氏の知人) 個室へは専用のエレベーターで人目を避けて行くことができ、セキュリティーも万全という。しかし、“下界”は新型コロナの感染拡大を受けて、緊急事態宣言の真っ最中。進次郎氏の階下には、生死の境を彷徨うコロナ患者もいたことだろう。「政治家、特に大臣の場合は、危機管理上、個室に入院すること自体は問題ありません。ただ、1泊18万円というのはかなり高いと思います」(永田町関係者) 今年1月、自民党の石原伸晃元幹事長(64才)がコロナ感染後、無症状にもかかわらずすぐに入院したときには「上級国民だ」と批判が起きた。進次郎氏はどうか。一般患者は病院をたらい回しにされるなか、体調に異変を感じたら即検査、即入院、即手術。しかも滞在したのが超VIPルームとなれば、国民目線を重視する進次郎氏にも同じく批判が起きかねない。※女性セブン2021年6月3日号
2021.05.20 16:00
女性セブン
滝クリ&進次郎、水川&窪田…注目カップル4組のデート現場と近況
滝クリ&進次郎、水川&窪田…注目カップル4組のデート現場と近況
 その行動に何かと注目が集まる有名人カップルたち。昨年から今年春にかけて不倫、離婚、炎上など、さまざまなことで世を騒がせてきた4組の騒動とデート現場を一挙に振り返る。 幼い一人息子を連れ、夜のお出かけを楽しんでいたのは滝川クリステル(43才)と夫で衆議院議員の小泉進次郎氏(40才)だった。昨年1月末に出産した滝クリはたびたび外出する姿が目撃されているが、生後およそ半年のこの日は、スタッフらとともに子供用のバウンサーまで車に積み込み出掛けていった。「この夜のお出かけはホームパーティーではないかと言われています。滝川さんは息子に対して最近も、“逆さ吊り”にしたヨガをやらせたり、美容室の床に寝かせたりと、“炎上”気味な言動が多いですし、進次郎氏も環境大臣として推進したレジ袋有料化に疑問の声が上がるなど、評判は芳しくありません。今後もいろいろな意味で目が離せない夫婦と言えるでしょう」(芸能記者) 昨年はNHKの朝ドラ『エール』で男性初の主演を務めた窪田正孝(32才)と、妻の水川あさみ(37才)は昨年11月、高級ブランドのショップも立ち並ぶ東京のど真ん中でデート姿を見せた。ロングコートで街を歩く、絶妙な距離の2人は時折ピタリと息が合ったように同じ方向を向くなど、ほっこりするシーンも。 そんな窪田だが今年3月、出演予定だった舞台『酔いどれ天使』を直前になって降板し、騒動に。「コロナ感染リスクを下げるため」というのがその理由のようだが、このドタキャンにより関係者は対応に追われた。 最近では、宮沢りえと初共演する映画『決戦は日曜日』の公開が2022年に決まった。この話題作ではどんな姿を見せてくれるのか――。 夫で元卓球台湾代表の江宏傑氏(32才)から離婚請求を受けているのは元卓球女子日本代表の福原愛(32才)。きっかけとなったのは、『女性セブン』の報道だった。今年3月、夫と子供を台湾に残したまま日本でイケメン男性と横浜の中華街で食べ歩きするなどのデートやお泊まりがキャッチされたのだ。福原は、楽しそうな笑顔をたびたび見せていた。 今後行われる離婚協議では、2人の子供の親権が争点になると見られるが、子供たちが長く台湾に住み、江氏の両親が健在であることから、江氏が親権を得るうえで有利との見方も出ている。福原が、2人の子供に会えないまま親権を失う可能性が指摘されているのだ。「以前はふっくらして血色のよい顔が印象的でしたが、頬がほっそりとしていて、別人のようにやせてしまったと聞きました」(福原の知人) 一方、離婚が決着したのは、小泉今日子(55才)と交際中の豊原功補(55才)だ。小泉と豊原は約6年前に交際がスクープされ、その後、仲睦まじいデート姿が何度も目撃されていた。交際報道があった頃から、豊原は妻Aさんと別居を始めたという。そして昨年3月、離婚が成立。豊原は今年3月、『女性セブン』の直撃に円満離婚であることを強調した。「そのタイミングで離婚が成立したのは、小泉さんとの不倫公表時に高校生だった息子さんが成人したことが大きな要因のようです。 離婚にあたって豊原さんは、以前、妻子と一緒に住んでいた2億円相当のマンションをA子さんたちに渡し、そのまま住んでもらうことにしたそうです。慰謝料の有無は不明ですが、豊原さんが妻子のためにできる限りの提案をした結果、双方合意しての離婚となったそうです」(豊原の知人)
2021.05.13 16:00
NEWSポストセブン
【動画】滝川クリステル、1歳息子の逆さヨガに「危険です」の指摘
【動画】滝川クリステル、1歳息子の逆さヨガに「危険です」の指摘
 滝川クリステルさんがインスタグラムに投稿した写真が、物議を醸しています。 アップされたのは滝川さんが長男と一緒にヨガを楽しむ様子で長男の足をもって逆さまにしています。 この姿に対して「適切な方法を学ばないと危険です」と指摘するのはヨガインストラクターの高橋由紀氏。 高橋氏は「お子様との触れ合いを大切にしているのは素晴らしいと思います。ただ、支え方は注意が必要。引っ張るようなポーズは関節が外れるリスクがある」とアドバイスしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.04.02 07:00
NEWSポストセブン
滝川クリステルと長男のヨガに心配の声が(時事通信フォト)
滝川クリステル 1歳愛息の逆さヨガにインストラクター「危険です」
〈これ、大丈夫なのかな……〉〈虐待にみえます〉──。目下、SNSで物議を醸しているのが、フリーアナウンサーの滝川クリステル(43)がインスタグラムに投稿した写真(3月16日)だ。 昨年1月に生まれた長男と一緒にヨガを楽しむ様子がアップされているのだが、滝クリは長男の両足を持って逆さまにしている。〈親子ヨガは程よい筋肉をつけるのと、気分転換、スキンシップにオススメですよ〉と綴る滝クリだが、1歳間もない幼児の“逆立ち”姿に、子供の安全を心配する声が上がったのだ。 滝クリは長男が生後10か月の頃から親子ヨガの写真をたびたびアップしている。 近年は乳児と母親で行なう「ベビーヨガ」も流行しているが、「適切な方法を学ばないと危険です」と警鐘を鳴らすのは、ヨガインストラクターで一般社団法人ボディセンス・インスティテュート代表の高橋由紀氏だ。 日本におけるベビーヨガの第一人者でもある高橋氏は、写真を見て気がかりな点があるという。「お子さまとの触れ合いを大切にしているのは素晴らしいと思いますし、もしお子さんが一人歩きできるのなら、数秒逆さまにすること自体は問題ありません。ただ、“支え方”は注意が必要。乳幼児は関節や筋肉が発達過程なので、引っぱるようなポーズは関節が外れてしまうリスクがある。写真からは分かりませんが、この姿勢に持っていく過程や、逆さまから降ろす際にも事故は起きやすいので気をつけてほしいですね」 近年のベビーヨガブームに伴い、海外のヨガ教室では乳幼児を振り回すようなプログラムもあるそうで、高橋氏も安全面を危惧している「YouTubeのベビーヨガ動画を見ていても、乱暴だなと感じる投稿が散見されます。滝川さんは発信力のある方ですし、彼女のSNSを通じてベビーヨガに興味を持つ人が増えるのは良いことですが、正しい知識を持った指導者のもとで実践してほしい」“お・け・が・な・し”を念頭に。※週刊ポスト2021年4月9日号
2021.03.29 19:00
週刊ポスト
散歩する滝クリ
滝川クリステル&小泉進次郎夫妻、「庶民の味方」からかけ離れた理由
 フリーアナウンサーの滝川クリステル(43才)が、昨年末からかつてないほどの向かい風を浴びている。3月16日に、昨年1月に生まれた1才の長男と一緒にヨガを楽しむ様子をアップしたのだが、長男の両足を持って逆さまにした画像で、子供の安全を危惧する声も上がっていた。 昨年末から、長男を公式インスタグラムにたびたび登場させているが、子供にまつわる“炎上案件”は他にもあった。この親子ヨガ以外にも昨年11月には、『FRIDAY』に夫の小泉進次郎環境大臣(39才)と深夜に子連れで外食をする様子を報じられ、このときもネット上では《1才にも満たない子供を、コロナ禍の深夜に連れ出すとは!》などの“批判コメント”が目立っていた。  ある芸能関係者は「特にひどかったのは、3月21日に美容院にいったときの滝クリさんのインスタでした。美容院の床に愛犬と息子さんが寝転んだ写真を公開し、『美容室に大型犬を入れるなんて非常識』『髪が散らばる床に子供を寝転がせて、なぜ笑っていられるの』などと、コメント欄がバッシングだらけでした」と苦笑いした。 芸能リポーターは「クリステルさんは、もともと庶民感覚とズレているところがあったのですが、そこに進次郎大臣との結婚。実生活のセレブ的振る舞いに、反感を持ってしまう方々が増えてきてしまいました」と解説した。 近年の夫の政治家としての評価急下降も影響している。2019年の国連気候行動サミットで「気候変動問題に取り組むことはセクシーでしょう」とスピーチして、失笑を買った「セクシー発言」。それに続いた数々の珍発言。中途半端だった育児休暇もあり、すっかり評判を落としてしまった。 この3月も、レジ袋に加えて、コンビニエンスストアなどでのストローやスプーンの有料化の新法案を打ち出すと、世間からは「全く無意味」とあきれられた。ダウンタウンの松本人志(57才)にも、3月21日の『ワイドナショー』で「どうして有料化にいっちゃうのかな。スプーンをいらないって人は1円還元とか、そっちじゃないですか」と首を傾げられたほど。実業家のひろゆき氏(44才)からは「嫌われても、未来のために動いた小泉環境大臣をちゃんと評価するべき」と称賛されたが、どうにも旗色は悪いままである。 ある永田町関係者は「政治家一家の出自でありながら地に足のついたコメントをしていて、一時は“庶民の味方”というイメージもないことはなかった。しかし、滝クリさんと結婚後、そして環境大臣としてのいくつかの政策により、そのイメージは完全に消えました。 このままゴーイング・マイ・ウェイで我が道を貫くのか、イメージチェンジをしていくか。未来の総理大臣の道に黄色信号が灯りかけてきた中、今年は真価が問われる最初の年となりそうです」と注視している。 
2021.03.29 16:00
NEWSポストセブン
愛犬を連れて散歩する滝クリ
滝クリ&進次郎、乳児連れてお出かけ ホームパーティーか──NEWSポストセブン2020年白Tシャツおしゃれ部門1位
 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな反響を呼んだ記事を紹介します。「白Tシャツおしゃれ部門」第1位は、6月11日に配信した『滝クリ&進次郎、乳児連れてお出かけ ホームパーティーか』です。夫の小泉進次郎氏とともに、白Tシャツのおそろいコーデ。夫婦仲の良さそうな様子も話題となりました。(以下、年齢などは当時) * * * 東京都の緊急事態宣言が解除されて、初めての週末だった。夕方の4時半、都内の高層マンションのエントランスに、1台のワンボックスカーが停車する。降りてきたのは、ゆったりとした白いTシャツに身を包んだ滝川クリステル(42才)。その腕には、今年1月に生まれたばかりの長男・道之助くんの姿もある。出迎えた男性とにこやかに挨拶を交わし、慣れた様子でマンション内へ。後を追うのは、滝クリの愛犬・アリスを連れた夫の小泉進次郎環境相(39才)。見慣れたスーツ姿ではなく、こちらも白のTシャツに、足元は滝クリとお揃いの白いスニーカーというラフなスタイルだ。「進次郎さんは昨年9月、戦後史上3人目の若さで初入閣を果たしたものの、目立った活躍が見られないばかりか、過去の女性スキャンダルが報じられてバッシングを浴びるなど、以前の爽やかなイメージは消えつつあります。最近ではコロナ禍も手伝って、あの“進次郎節”もすっかりなりを潜め、ますます存在感が薄くなっている印象です」(全国紙政治部記者) 対照的に妻の滝クリは、ここへきて急速に存在感をアップさせている。「出産前にMCを務めていた教養バラエティー番組『教えてもらう前と後』(TBS系)の5月26日放送回にリモート出演し、“テレビ復帰”を果たしました。数か月ぶりに見る滝川さんは、以前と変わらぬ美貌に加え、母親になったことでよりいっそう芯が強くなり、発言にも深みが増したように感じました。 彼女の存在感をあらためて認識したテレビマンも多く、業界では、にわかに“滝クリ待望論”が沸き起こっています。帯の報道番組で、華々しく復帰するのではないかという話もあるくらいです」(テレビ局関係者) 選挙区に住み、夫に代わって地元を守る。そんな“旧来の政治家の妻”にはならない──結婚時、滝クリは「こうあるべきという形にとらわれず、自分らしく生活する」ことを宣言している。冒頭、夫を先導するような堂々たる振る舞いは、まさにその宣言を身をもって示しているかのようだった。 訪れたマンションは知人宅のようだが、気になるのはタイミング。滝クリだけならまだしも、大臣という立場の進次郎氏としてはいかがなものなのか。「生後6か月にもならない赤ちゃんや犬を連れて向かったのだから、よほど気心の知れた相手なのでしょう。道之助くんを紹介する“ホームパーティー”だったのかもしれません。でも、一部では誕生日パーティーなどでクラスターが発生していることを考えると、ちょっと心配ですよね。 進次郎さんは、2月に行われた政府のコロナ対策会合を、地元後援会を優先して欠席したことが問題視された過去があります。新型コロナで一度“ミソ”をつけてしまっていることを考えても、もう少し慎重になるべきではないでしょうか」(政治ジャーナリスト) 滝クリ一家がマンションを訪れてから4時間後の午後8時半。進次郎氏の移動車がエントランスに入ると、SPらしき男性らが慌ただしく周囲に目を配り始める。誰もいないことを確認すると、背中を丸めた進次郎氏が、道之助くんを抱いて姿をみせ、続いて滝クリがアリスのリードを引いて仲よく車に乗り込んだ。よほど楽しかったのだろう。マスクを外したままのその顔には、はじけんばかりの笑みが浮かんでいた。“新しい生活様式”ならぬ、“新しい政治家の妻”を見せてくれそうな滝クリ。進次郎氏が世間から“滝クリの夫”と呼ばれる日もそう遠くないのかもしれない。
2020.12.30 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト