スポーツ

あだ名は「軍曹」 令和四強棋士・永瀬王座の野望は「全冠同時制覇」

永瀬

28才の永瀬拓矢王座

 全棋士参加によるドラフト会議を行なってチーム編成する団体戦で、将棋の早指し王を決定する番組『第4回ABEMAトーナメント』が3月27日から始まり、異色のルールも相まって注目を集めている。トーナメントでチームリーダーを務める永瀬拓矢王座がインタビューに応じた(取材・文/輔老 心)。

 * * *
 令和の将棋界で四強と言うと、豊島将之竜王・叡王(30歳)、渡辺明名人・棋王・王将(36歳)、藤井聡太王位・棋聖(18歳)、永瀬拓矢王座(28歳)の4人を指す。タイトルを4人で独占しているだけではなく、挑戦者として登場することも多い。

 その中で、ひときわ異彩を放つのが、永瀬王座だ。

「ゲームは一切やりません。それは老後の楽しみに取っています。老後はゲーム三昧です」

「棋士は体重コントロールが大切。重くなりすぎると正座がきつい。デザートを食べすぎるのは本末転倒」

「対局中にはバナナをほおばる。バナナは万能な食べ物ですから」

「強い人は美しい。贅肉がなくなって筋肉の美しい筋が見える感じになってきます」

 発するコメントのひとつひとつが際だっている。少年時代に将棋に没頭した理由だってひと味違う。

「将棋だけが人並みにできたから。子どもの頃、学校が嫌いで、勉強ができなくて、他人の半分しかできなかった。でも将棋は人並みで、中くらいにできたから没頭したんです。ほかのことが鈍臭すぎましてね。子どもは残酷なので、辛かったなあ(遠い目)。14歳の自分にかけてあげたい言葉は、『今を生きれば、将来は暗くないぞ』」

 幼少期の実力を「人並み」と語る彼は、どうやって強くなったのか。それも四強と呼ばれるほどに──。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン