スポーツ

あだ名は「軍曹」 令和四強棋士・永瀬王座の野望は「全冠同時制覇」

努力型の永瀬王座

努力型の永瀬王座

「将棋界には天才と秀才が多くいるんです。藤井二冠は大天才。天才の中でも上位。羽生善治九段も大天才。それに対して、自分は違う路線です。申し訳ないけれど、努力、努力、努力って感じ(笑い)。僕は漫画好きなんですが、主人公の才能がひょんなことから開花していく漫画はあまり好きではないですね(笑い)」

 彼の実家は神奈川県のラーメン店。茎わかめラーメンが美味しいお店に行くと、彼の書いた色紙が貼ってあった。「根性」。

「将棋は、やったらやった分だけ強くなる、というのではないので(笑い)。でも、やらなきゃ強くならないです。自分は『継続は力なり』ではなく、『継続のみ』です。とりあえず継続する。ははははは」

 ファンがつけたあだ名は「軍曹」。自分に厳しく、将棋に厳しく。「才」の字には縁がない人生という永瀬王座の才能論は興味深かった。

「才能は資源と考えればいいんです。なので、汲み出せる分量が決まっている。持っている人も、簡単には増やすことはできない。では、才能を使い切ったときにどうするか。僕の考えでは、他人から学ぶしかないんですよ。

 その時に、教えていただくという謙虚な姿勢が大事です。ですから、将棋は、謙虚な人ほど強くなります。中には技術を盗む人もいるけれど、盗むより学ぶほうが面白いですよ。僕がやっているのは勝負事なので盗むに越したことはないんですけれど、学んだ上で盗む、という順番が大事です」

 今、脂の乗った28歳。下から強い世代が追ってくる、上にはなかなか諦めない強い年上がいる。将棋界の“世代間抗争”をどう見ているのか。

「藤井聡太二冠が18歳。藤井さんの最年少棋士記録を抜いた伊藤匠四段が18歳。そういう方が今後の将棋を作っていくのは間違いない。なので、自分が将棋界にいるためには、彼らの将棋を学ぶことが必要だと思っています。上の世代の方は、これまでの将棋の礎を作った方なので、『棋譜並べ』という勉強をよくします。先輩のいい棋譜を並べると、筋トレのような脳のいい成分が出るような思いがします」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト