スポーツ

あだ名は「軍曹」 令和四強棋士・永瀬王座の野望は「全冠同時制覇」

 デジタル世代だけに、棋譜並べはパソコン画面でするのだろうと思ったら違った。

「将棋界には『いい手は指が覚えている』という言葉があるんです。だから強い先生のいい手を自分の指を動かして覚えることは大切で。僕の考えだと、マウスではなくて、盤と駒と指でやると、50倍は価値が違うと思っています。将棋の勉強はコンピュータソフトを使うのが主流なので、自分もこれからどんどん使っていくとは思いますが、棋譜並べはいつまでもアナログでしたい」

 永瀬王座の取りたいタイトルは? このシンプルな質問の答えに驚いた。

「全冠同時制覇。そこを目指さないと棋士である意味がないので。目指すのは覚悟の問題です。ただ、覚悟すればいいだけです。勝負事なので波を作る必要がありまして。なんとなくですけれど、数局をかけて自分で流行りを作って、他の棋士も真似して乗ってきてくれたら、波が長続きする。その波に乗ると爆発的に勝てるんです(ニヤリ)」

 サーフィンみたいですね、とつい口にすると──。

「そうですかね、僕はサーフィンは人生でやることはないです(笑い)。海はダメです、泳げないから危ないです」

 その言い回しは、やはり異彩を放っていた。

◆永瀬拓矢(ながせ・たくや)/1992年9月6日、神奈川県生まれ。“入玉(引き分け)をいとわない”“現役棋士で千日手(指し直し)の出現率が最多”など、異色の大局観で頭角を現した最強棋士の一角。対局中にバナナをたくさん食べることも有名で「バナ永瀬」の二つ名もある。あだ名は戦う姿勢から「軍曹」。趣味は漫画。好きな駒は歩。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン