ライフ

見つけたら即買い!カルディで買いたい6つの厳選お菓子

カルディで見つけたら買いたいお菓子

カルディで見つけたら買いたいお菓子

 現在、全国に約470店舗を展開している「カルディ」こと、「カルディコーヒーファーム」。30種類にも及ぶこだわりのオリジナルコーヒー豆のほか、世界約50か国からの食品が販売されている。料理の専門家も足繁く通うというカルディだが、マニアの間では「カルディのお菓子にハズレは少ない!」が共通認識なのだという。毎日のように通っているというカルディマニアのフリマアプリアドバイザー川崎さちえさんに、カルディで販売されているおいしいお菓子をピックアップしてもらった。

「カルディには“食べ出したら止まらない! やみつき注意”のお菓子がたくさんある」と川崎さんは語る。

「気づいたら1袋食べてしまっている“危険”なお菓子がたくさんありますが、店頭で見かけるとつい買ってしまいます。

 季節限定のオリジナル商品やコラボ商品もたくさんあり、すぐに品切れになるので、こまめにチェックしています。

 東京近郊の駅近には、カルディの店舗が多数ありますが、私は郊外に住んでいるので、少し離れたショッピングモールに車で行くことに。そこで、毎日オンラインショップをチェックして商品情報を入手し、買い出しリストを作ってから買いに行っています。カルディの商品には、それでも欲しいと思える魅力があります」(川崎さん)

 品切れが続く商品は、オンラインで買うこともある。公式オンラインストアでは、6480円以上購入すると送料無料(北海道、沖縄を除く)になるので、まとめ買いがおすすめだ。

◆ローマの伝統的な菓子パン

マリトッツォ

マリトッツォ

『オリジナル 【冷凍】マリトッツォ』270円

丸くてやわらかなパンに、オレンジピール入りの生クリームをたっぷりサンド。冷凍なので、冷蔵庫で自然解凍して食べる。ローマのバールでの朝食に、カプチーノと合わせるのが定番。

「生クリームが甘すぎずに上品な印象のひんやりスイーツです」

◆口の中で溶ける軽いクッキー

もへじ ほろりくちどけくっきー抹茶

もへじ ほろりくちどけくっきー抹茶

『もへじ ほろりくちどけくっきー抹茶』4個 129円

名前の通り、口の中でほろほろと消えていく、新食感クッキー。表面の宇治抹茶パウダーがほろ苦い、大人の味だ。

「触ると崩れてしまうのでは? と思うくらいサクサクしている食感にハマりました。季節に応じて桜味、抹茶味などが出るので、見つけたら必ず買い!」

ほろ苦い、大人の味

ほろ苦い、大人の味

◆豆乳を練り込んだビスケット

オリジナル 豆乳サンドビスケット

オリジナル 豆乳サンドビスケット

『オリジナル 豆乳サンドビスケット』10P 198円

カルディの定番お菓子。サクサクのビスケットに、まろやかな豆乳クリームを挟んだ、やさしい甘さのオリジナルビスケット。個包装タイプ。

「クッキーに近い食感で、サクサクしていて、口の中でとろけていく感じがいい。季節に応じていろいろな味が登場するのも楽しみ」

オリジナル 豆乳サンドビスケット

豆乳クリームがまろやか

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン