芸能

ユーミンの「ヒッピーJK時代」と中島みゆきの「スイッチ」

中島みゆきは同世代の女性を応援し続けた(時事)

中島みゆきは同世代の女性を応援し続けた(時事)

 1970年代、ほぼ同時期にデビューした松任谷由実(デビュー当時は荒井由実)と中島みゆきは今も国民的歌手として第一線で歌い続けている。キャラクターも楽曲も違う二人だが、互いに認め合った存在でもある。『週刊ポスト』(4月26日発売号)では、人気シリーズ「昭和のライバル秘話」で二人を取り上げているが、そこでは昭和の女性たちを励まし、癒やしたそれぞれの功績が紹介されている。中島がある時、ユーミンの美しいプロポーションを評して「私にはケツは出せん」と漏らした“衝撃の発言”も明かされる。

 音楽ファンにとっては、二人の音楽に対する姿勢の違いも印象的だろう。両者を古くから知る音楽評論家の田家秀樹氏はこう語る。

「わかりやすい言い方をすれば、二人ともサブカルチャーなんですよ。みゆきさんは学生運動の流れがありますが、それに対してユーミンにはアメリカのヒッピーカルチャーの流れがある。ユーミンは六本木のヒッピー少女だった。女子高生の頃からグループ・サウンズの追っかけをしていて作曲家志望。著名人が通うレストラン『キャンティ』に出入りして、ザ・タイガースから独立したトッポこと加藤かつみのソロアルバムに楽曲を提供しているんです。それが作曲家で音楽プロデューサーの村井邦彦の目に留まり、彼が立ち上げた音楽出版社と専属契約を結ぶ。それがまだ高校生の時の話です。

 ユーミンが少女の感性だとすれば、みゆきさんは母性。『時代』の歌詞にある『倒れた旅人たち』『別れた恋人たち』は、今もみゆきさんの歌に生き続けている。その後の『ファイト!』は倒れた旅人たちに向けられているし、『わかれうた』は別れた恋人たちに向けられているようにも聞けますよね」

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン