スポーツ

大谷翔平「シフトの裏をかいてセーフティ」は“ズルい”のか

強打者の小技だからこそファンは熱狂した(時事)

強打者の小技だからこそファンは熱狂した(時事)

 エンゼルス・大谷翔平が絶好調をキープしている。とくに「2番・ピッチャー」のリアル二刀流で出場した4月26日のレンジャーズ戦では獅子奮迅の大活躍。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で約3年ぶりの白星をマークした。3ランを打たれた直後の2回表、自ら2点タイムリーを放った第2打席も見事だったが、最も注目されたのが第4打席のセーフティバントだ。これに全米の野球ファンが熱狂した。

 6回表、先頭打者の大谷は高めの初球を三塁線にプッシュバント。ポップフライ気味の打球は無人の三塁線を転がり、投手のヤン・ヒョンジョンは一塁送球を諦めた。これは完全に大谷シフトの裏をかいたプレーだった。大谷が打席に立つと、対戦チームの多くは左打者に備えた内野シフトを引く。二塁手が一二塁間を、ショートがセンター前を固め、三塁手は本来ショートの位置まで守備位置をスライドさせる。そのため大谷はガラ空きとなった三塁を狙ってバントを試みたのだ。

 意表を突くプレーに、現地の実況アナウンサーは「彼はこんなこともできるのか!」と叫び、ネット上にも驚きと賞賛の声があふれた。100マイル(160キロ)を超える投球で先発ローテーションの柱を担い、打ってはホームラン王を争う活躍、さらに俊足を活かした盗塁でもスタジアムを沸かせている大谷が、セーフティバントまで見せてしまうことは、目の肥えたMLBファンにも驚きなのだ。ベーブルースが投打で活躍した100年前ならいざ知らず、投手も野手も分業が進んだ今のメジャーで、「なんでもできる」というスターは大谷をおいて他には見当たらない。

 一方で、日本の一部のファンからは大谷を心配する声も上がっている。「あんな露骨なシフト破りをやると、今度は報復を受けてしまうのではないか」という意見だ。

 メジャーリーグには、「アンリトンルール」(不文律)と呼ばれるものがある。野球規則には記されていないが、対戦相手を貶めたり、敬意を欠いたりするプレーは行なわないという暗黙の了解だ。代表的なアンリトンルールには以下のようなものがある。

・大差がついた試合で、勝っているチームは盗塁やセーフティバントをしてはならない
・完全試合やノーヒットノーランの継続中にバントヒットを狙ってはならない
・ピッチャーが打者を抑えた時や、打者がホームランを打った時に派手なガッツポーズをしてはならない

 そういった行為があると、メジャーではマナー違反とみなされ、死球など報復措置を受けることが少なくない。極端な守備シフトは強打者であると認めるがゆえの作戦だ。そこには相手へのリスペクトの意味も込められている。それだけに、その裏をかいてバントヒットを狙う行為は「アンリトンルール」に抵触してしまうのではないかという懸念だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン