芸能

絵本作家・五味太郎&室井滋対談「“素人”の編集者が増えてる」

aa

絵本作家の五味太郎さん(左)と室井滋さんが絵本作りについて語る

『きんぎょが にげた』『みんな うんち』など、数々のベストセラーを生み出してきた絵本作家の五味太郎さん。75歳のいまも精力的に創作活動を続けるエネルギーの源は何なのか。新型コロナの感染拡大で不安な日々を送る私たちが前向きに生きるヒントを得るべく、コロナ禍に生まれた絵本『会いたくて会いたくて』が「思わず泣いた!」「大切な人にプレゼントした」とベストセラーになっている女優・室井滋さんが話を聞いた。

室井:今日はお会いするのを楽しみにしていました。私は文しか描いていませんが、いくつか絵本を出しているので、絵本界の巨匠である五味さんにお会いできて光栄です。ちなみに、私の本業は女優なのをご存じですか?

五味:俺だって、それくらいは知ってますよ(笑い)。

室井:ありがとうございます。あっ、五味さん、素敵なメガネをしていらっしゃいますね。

五味:実は、今はメガネがなくてもラクなの。去年、白内障の手術をしたら、目がすごくよく見えるようになって、もう視界がキラキラよ。赤ちゃんってこういうふうに物を見ているんだなって思った。

室井:えー‼ 私は今のところ老眼はわずかで、細かい字も読めるんです。白内障の手術をしている人は身内にもいますけど、そこまで視界が変わるものなんですか?

五味:いつかわかるよ。いま室井さんが手にしてくれている『まだまだまだまだ』は、3月に出たばかりの絵本だけれど、手術をしたときはそれを描いていたの。だから創作途中で、急に視界が変わったんだよ。

室井:どういうこと?

五味:今思えばあまり差はないかもしれないけれど、最初の2ページぐらいは手術を受ける前に、そこから後ろのページは手術後に描いたもの。手術といっても1泊2日の簡単なもので、終わったら急に色がきれいに見えるようになった。それがすごくうれしくて、今思えばちょっと色を塗りすぎたなって気がする(笑い)。

室井:うわー、ホントだ! 途中からピンク色のビルが登場したりして、色が派手になってます(笑い)。

五味:目が快適になると、不思議と身体も疲れにくくなるし、楽しくなってくる。色もウキウキした感じになってくるんだよね。俺の場合、楽しく描ければいいというスタンスで、あまり考えずにやってるから。

室井:自由ですね。

五味:俺はフリースタイルで生きてるから……って(笑い)、今日はそんな話をするためにここに来たの?

室井:そうです(笑い)。五味さんのその自由な発想と創作意欲がどこからわいてくるのか、今日はおうかがいしたいと思っています。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン