• TOP
  • 国内
  • インド型の変異株 ウイルス専門家が語る「日本で広がる可能性」は

国内

2021.05.14 16:00  NEWSポストセブン

インド型の変異株 ウイルス専門家が語る「日本で広がる可能性」は

インドでは感染者が急増し医療が崩壊状態に(EPA=時事)

インドでは感染者が急増し医療が崩壊状態に(EPA=時事)

 インドでは新型コロナの感染者が急増し、5月9日の時点で1日の新規感染者が約40万人、同死者数が約4000人にまで達し、世界中のメディアが医療崩壊の惨状を伝えている。日本政府はインド、パキスタン、ネパールからの入国者について、入国後の施設隔離期間を6日間に延長していたが、さらに14日0時からは同3か国に過去14日以内に滞在していた外国人について、入国を原則拒否することを決めた。水際対策を強化しているが、実効性は未知数だ。

 インドで大流行しているのがインド型と呼ばれる変異株(「L452R」と「E484Q」の2つの変異)で、すでに日本国内でも21例(4月27日時点)が確認されている。

 インドの累計感染者数は2300万人で、アメリカに次いで世界第2位。だが、人口が14億人近いインドだけに、累計の感染者数は人口比で言えば1.7%と少ない。アメリカ(累計感染者数3280万人は人口の約10%)やフランス(同580万人は人口の約8.6%)、イギリス(同450万人は人口の約6.75%)など欧米諸国に比べれば低く抑え込まれていたと言える。

 総じてアジアの国々は、欧米諸国と比較して被害が小さく、新型コロナに強い「ファクターX」なる何かで守られているのではないかと言われてきた。ところが、このインド型変異株が生まれると、今年3月ごろからインドでは感染が爆発的に増え、前述したように1日に40万人もの新規感染者が出ている。

 日本では関西でイギリス型変異株(N501Y)が主流になり全国に広がりつつあるが、現在のインドの状況を見て、「日本でもインド型変異株が流行れば、インドと同じ状況になるのではないか」という不安が広がっている。

 このインド型変異株は、どれほど警戒すべきものなのか。『コロナ脳』『京大 おどろきのウイルス学講義』などの著書・共著書が話題の京都大学ウイルス・再生医科学研究所、宮沢孝幸准教授にインド型変異株の脅威について訊いた。

「インドで感染爆発が起きていると報道されていますが、増えたといってもイギリスやアメリカ、ドイツなどのピーク時に比べれば全然少ない(*)。感染者急増でPCR検査が追いつかなくなっているともいわれていますが、それを含めても欧米諸国の水準には達していないと考えられます」

【*注:人口100万人当たりの1日の新規感染者数(7日間移動平均)のピークで比較すれば、インドは283人であるのに対し、イスラエルは996人、イギリスは881人、フランスは825人、アメリカは756人(Our World in Data参照)】

関連記事

トピックス