芸能

田村正和さん、死から1か月以上公表されず 「静かに逝きたい」の美学

田村正和さんが出演した名作ドラマの数々はどこまで再放送されるか(時事通信フォト)

田村正和さんの死を惜しむ共演者の声が多数届いている(時事通信フォト)

 神奈川県横浜市郊外にある広大な公園墓地。園内でも見晴らしがよく、ひときわ大きな墓所が集まる一角に、隅々まで手入れが行き届いた墓塔がある。その側面には《昭和六十三年 吉月吉祥日建立 田村正和》という文字が刻まれている。俳優・田村正和さんの「生前墓」である。

「親しくされているかたが自分のお墓を建てた縁もあり、田村さんは1988年に生前墓を建てられました。中国では『寿陵』といって縁起のよいこととされています。生前に建てた自分のお墓を守ることで、自身の長寿を願い、健やかに生き、人生の使命をまっとうするという意味があります」(霊園関係者)

 最近、その墓に変化が生じた。朱色に塗られていた「正和」の文字が、黒く塗りつぶされていたのだ。これは、その墓の建立者がすでにこの世を去ったことを示す──田村家と親しい関係者が声をひそめて打ち明ける。

「実は田村さんの葬儀は今年4月上旬に、ごく近しい親族のみで済ませたと聞いています。77才ですから、まだ若いですよね……」

 あれだけのスターの訃報であれば、通常は死後間もなくしてテレビが速報を打ち、新聞も大きく報じる。多くの関係者が哀悼の意を表し、故人を送るのが慣例だ。だが、訃報が報じられたのは、亡くなって1か月以上も経った5月18日だった。実は、その日の午前中、『女性セブン』記者は田村さんの親族に話を聞きに行った。

 田村さんの個人事務所を兼ねる東京・世田谷の自宅はひっそりと静まり返っていた。事務所の取締役でもある妻の和枝さん(80才)を訪ねたが、インターホンを鳴らしても反応はない。自宅から出てきた事務所関係者と思しき男性に声をかけるも、こちらを見向きもせずに立ち去った。

「田村さんは、2018年2月に放送されたドラマ『眠狂四郎The Final』(フジテレビ系)を最後に、事実上の隠居生活に入っています。現在、個人事務所に電話をかけても誰も出ません」(テレビ局関係者)

 田村さんは4人兄弟の三男で、4人とも俳優として活動していた時期がある。長男の高廣さんはすでに他界。次兄の田村登司麿さん(82才)を訪ねた。田村さんの逝去について聞くと、顔を伏せ「私は違います。人違いです。兄ではありません」と言い、自宅に駆け込んだ。四男の田村亮(74才)にも聞いたが、「田村正和」という名前を出した途端、「自分は田村亮とは違う」と、インターホンは切られた。

 もちろん、人違いではなく本人に聞いているのだが、親族は一様の対応だった。人知れずひっそりとその日を迎え、その後も静かに過ごしたい──この対応こそが、昭和、平成を駆け抜けた日本を代表する俳優の最後の願いでもあった。

※女性セブン2021年6月3日号

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

古畑任三郎は一大ブームになった

散歩する姿もサマに

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン