芸能

田村正和さん、死から1か月以上公表されず 「静かに逝きたい」の美学

田村正和さんが出演した名作ドラマの数々はどこまで再放送されるか(時事通信フォト)

田村正和さんの死を惜しむ共演者の声が多数届いている(時事通信フォト)

 神奈川県横浜市郊外にある広大な公園墓地。園内でも見晴らしがよく、ひときわ大きな墓所が集まる一角に、隅々まで手入れが行き届いた墓塔がある。その側面には《昭和六十三年 吉月吉祥日建立 田村正和》という文字が刻まれている。俳優・田村正和さんの「生前墓」である。

「親しくされているかたが自分のお墓を建てた縁もあり、田村さんは1988年に生前墓を建てられました。中国では『寿陵』といって縁起のよいこととされています。生前に建てた自分のお墓を守ることで、自身の長寿を願い、健やかに生き、人生の使命をまっとうするという意味があります」(霊園関係者)

 最近、その墓に変化が生じた。朱色に塗られていた「正和」の文字が、黒く塗りつぶされていたのだ。これは、その墓の建立者がすでにこの世を去ったことを示す──田村家と親しい関係者が声をひそめて打ち明ける。

「実は田村さんの葬儀は今年4月上旬に、ごく近しい親族のみで済ませたと聞いています。77才ですから、まだ若いですよね……」

 あれだけのスターの訃報であれば、通常は死後間もなくしてテレビが速報を打ち、新聞も大きく報じる。多くの関係者が哀悼の意を表し、故人を送るのが慣例だ。だが、訃報が報じられたのは、亡くなって1か月以上も経った5月18日だった。実は、その日の午前中、『女性セブン』記者は田村さんの親族に話を聞きに行った。

 田村さんの個人事務所を兼ねる東京・世田谷の自宅はひっそりと静まり返っていた。事務所の取締役でもある妻の和枝さん(80才)を訪ねたが、インターホンを鳴らしても反応はない。自宅から出てきた事務所関係者と思しき男性に声をかけるも、こちらを見向きもせずに立ち去った。

「田村さんは、2018年2月に放送されたドラマ『眠狂四郎The Final』(フジテレビ系)を最後に、事実上の隠居生活に入っています。現在、個人事務所に電話をかけても誰も出ません」(テレビ局関係者)

 田村さんは4人兄弟の三男で、4人とも俳優として活動していた時期がある。長男の高廣さんはすでに他界。次兄の田村登司麿さん(82才)を訪ねた。田村さんの逝去について聞くと、顔を伏せ「私は違います。人違いです。兄ではありません」と言い、自宅に駆け込んだ。四男の田村亮(74才)にも聞いたが、「田村正和」という名前を出した途端、「自分は田村亮とは違う」と、インターホンは切られた。

 もちろん、人違いではなく本人に聞いているのだが、親族は一様の対応だった。人知れずひっそりとその日を迎え、その後も静かに過ごしたい──この対応こそが、昭和、平成を駆け抜けた日本を代表する俳優の最後の願いでもあった。

※女性セブン2021年6月3日号

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

田村正和さんの私生活はあまり公にならなかった

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

Tシャツ姿で街を歩く田村正和さん

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

近年は仕事をセーブしていた(2012年撮影)

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

逝去の報に多くからファンが悲しみの声があがった

古畑任三郎は一大ブームになった

散歩する姿もサマに

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン