芸能

仲野太賀が重宝される理由 カンヌ受賞監督「演技センスが圧倒的」

各方面から注目されている(Penta Press/時事通信フォト)

各方面から注目されている(Penta Press/時事通信フォト)

 俳優・仲野太賀(28)はいまや日本のドラマ・映画界に欠かせない存在だ。4月より放送中の『コントが始まる』(日本テレビ系)では、菅田将暉や神木隆之介といった同世代のスターと共演し、名バイプレイヤーぶりを発揮している。

 特に同ドラマの第1話、爆笑から泣き顔へと変わるラーメン店でのシーンは、称賛の嵐を巻き起こした。『ZIP!』(同局系)では、菅田、神木、仲野の座談会が行われた。その中で神木は「隣で見ていて恐ろしいと思った。絶対俺にはできない」と仲野の演技を絶賛している。また、10年来の付き合いである菅田は「同世代で一番ビビった(衝撃を受けた)人」「お前が俺を作った」とまで評した。

『コントが始まる』では愛すべきムードメーカー役を演じている仲野だが、時には憎まれ役もこなす。2016年4月期に放送された『ゆとりですがなにか』(同局系)で演じた山岸ひろむは、多くの視聴者をイラつかせる存在だった。「ゆとりモンスター」として悪名高いひろむだが、そのぶん物語の名物キャラとなり、なんとスピンオフ作品『山岸ですがなにか』が制作されるに至った。

『ゆとりですがなにか』『山岸ですがなにか』で脚本を担当した宮藤官九郎は、「山岸という、演じようによっては完全な悪役にもなりうるキャラを、最終的に愛すべきバカ人間に昇華させた」とコメントしている(『山岸ですがなにか』公式サイトより)。

 仲野自身の持ち前の愛嬌が、演じる役どころに魅力的なニュアンスを加えるのだろう。ちなみに俳優の中野英雄(56)は実の父親だ。コワモテ俳優も自慢の息子にはデレデレで、〈最高の息子です〉など出演作をSNSでこまめに宣伝している。そんな父子の関係性も、仲野の愛されキャラを培っているようだ。

 13歳でデビューして以来、着実にキャリアを積み重ね、昨年は「ブレイク俳優ランキング」にランクイン。今年に入ってからは『コントが始まる』のほかにも出演映画『すばらしき世界』、『あの頃。』などが公開され、引っ張りだこの状態だ。

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン