• TOP
  • 国際情報
  • 中国でコロナワクチン開発の実験用サルが不足 価格も高騰

国際情報

2021.05.29 07:00  NEWSポストセブン

中国でコロナワクチン開発の実験用サルが不足 価格も高騰

コロナワクチン開発の弊害?

コロナワクチン開発の弊害?

 中国では新型コロナウイルスのワクチン開発を進めるなかで、ワクチンの効用を試す実験用のサルが激減し、その価格が高騰していることが明らかになった。

 中国は野生動物の輸出国としては世界有数だったが、昨年1月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、実験用動物の輸出を禁止し、ワクチン開発のために自国優先としてストックしていた。しかし、今後は海外からの輸入に頼らざるを得ない状況だという。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、中国では海南省や雲南省、広東省、広西チワン族自治区など主に南部地域で動物が繁殖しており、これまで実験用動物などとして輸出してきたが、昨年1月からに野生動物取引と輸出を禁止した。

 これについて、中国実験動物科学研究所(ILAS)では「新型コロナウイルスのワクチン製造に欠かせない実験動物の不足が懸念されたためで、これは中国政府の指示でもあった」と明かしている。

 その後、中国は人民解放軍の医師らも多数動員して、ワクチン開発を急ぐとともに、中国全土からサルを中心とする実験用動物を集めて、ストックしてきた。その数は数千匹といわれるが、機密扱いされており、具体的な数字は明らかにされていない。『通常の薬品開発では十分な数』(ILAS)といわれていた。

 しかし、新型コロナウイルスのワクチン開発の研究が進むにつれて、サルのストックも減少し、サル1匹の価格は当初の1万5000元(約25万5000円)から6万2000元(約105万円)と4倍にも達しているという。

 ILASによると、中国当局は「海外からサルを中心に輸入する体制を整える必要がある」として、すでにアフリカや東南アジア、あるいは南米諸国から実験用動物を輸入する交渉を開始している。

 これと並行して、「今回の新型コロナウイルスの感染拡大の教訓を生かして、今後、中国内の動物が多数繁殖している地域に大規模な動物備蓄センターを建設するなど、新たな非常事態に備える計画も進行している」という。

関連記事

トピックス