芸能

美空ひばりの伝説の不死鳥コンサート 親友に伝えた「公演に来ないで」

美空ひばりにも苦難の時期が…(写真/共同通信社)

美空ひばりにも苦難の時期が…(写真/共同通信社)

 白血病の闘病を乗り越え五輪代表権を掴んだ競泳・池江璃花子のように、さまざまな苦難を乗り越えた人の活躍は、大きな感動を呼ぶ。昭和の時代にも、劇的な復活劇が多々存在した。

 その歌声で戦後復興に向かう日本人を勇気づけ、高度成長を支えた歌謡界の女王・美空ひばりだが、晩年を迎えた1980年代後半には、相次ぐ肉親の死や自身の健康問題に悩まされる日が続いた。

 1985年にひどい腰痛に襲われ、1987年4月には公演先の福岡市内の病院に入院。その後に予定されていた明治座公演も中止を余儀なくされた。

 ひばりは8月の退院会見で「もう一度歌いたいという信念が私の中に消えないでおりました」と涙ながらに語った。親友だった中村メイコが語る。

「入院した時、本当の病名は伏せられていたけれど、私は肝硬変だということを知っていました。退院後は、公演に和也さん(養子の加藤和也)がついて救急車で出入りするようになっていた。そんな姿を私に見せたくなかったんでしょうね。『メイコ、(公演には)来ないで!』と言うようになりました」

 そうして1988年4月、ひばりは後に伝説として語り継がれる、東京ドームでの「不死鳥コンサート」を迎えるのである。控室には簡易ベッドや酸素ボンベが置かれ、医師が控えていた。それでもひばりはフィナーレの『人生一路』まで全39曲を歌い切り、ファンに復活を印象づけた。

「コンサートが終わった後、『映像が完成したから、メイコ、一緒に見よう』と言うので一緒に見たんです。満杯になった大劇場で歌うということを一番の幸せだと思っていたひばりサンだから、私とそんな気持ちを分かち合いたかったんだと思います」(同前)

 その後も全国公演や歌謡番組への出演を重ねたが、元号が昭和から平成に変わった1989年の2月7日、九州厚生年金会館での公演が最後のステージとなった。

関連記事

トピックス

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)
ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子
週刊ポスト
日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」
国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった
週刊ポスト
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン