• TOP
  • 芸能
  • 阿部寛『ドラゴン桜』よりスゴいリアル子育て PTAにも積極参加

芸能

2021.05.30 16:00  女性セブン

阿部寛『ドラゴン桜』よりスゴいリアル子育て PTAにも積極参加

aa

子供にもスパルタ?

 阿部寛(56才)がカリスマ教師役を演じる『ドラゴン桜』(TBS系)が好調だ。視聴率は5週連続で2ケタをキープし、今クールのドラマでトップを快走している。同作は、落ちこぼれが集う高校の生徒たちが、阿部演じる「桜木建二」の勉強法により東大合格を目指す物語だ。

 阿部本人はというと、中央大学理工学部の出身。在学中にモデルデビューを果たし、またたくまに売れっ子モデルになったが、俳優に転身後はなかなか出演作に恵まれなかった。

「正直言って、当時の阿部さんは演技も未熟でしたし、身長が高いために、女優とのバランスがとりづらいことも影響していました」(芸能関係者)

 その後、地道に舞台や映画で経験を積み、役者として成長を遂げた阿部は、2000年、『TRICK』(テレビ朝日系)で仲間由紀恵(41才)とのダブル主演を果たし、大ブレーク。その7年後に、15才年下の一般人女性と結婚した。

「奥さんは元OLで、身長169cmのスラっとした美人。共通の友人を交えた食事会で知り合ったそうです」(テレビ局関係者)

 その後、2人の娘に恵まれた阿部は、“お受験パパ”へと変貌を遂げる。その陰には、篠原涼子(47才)、市村正親(72才)夫妻の存在があったようだ。

「映画『テルマエ・ロマエ』で共演して親しくなった市村さんに、お受験の相談をしていたそうなんです。市村さん夫妻の息子さんも同じ幼稚園を受験した経験があり、この園の受験ノウハウに詳しかった。

 そこで、都内の有名幼児教室に娘さんを通わせながら、なにかと2人に電話して、対策を学んだそうですよ。たとえば、トイレに世界地図、あいうえお表やアルファベット表を貼るなど、日常のなにげない時間で知識が身につくように心がけていたんです」(阿部の知人)

関連記事

トピックス