• TOP
  • スポーツ
  • 羽生結弦 6年ぶりドリーム・オン・アイス出場、五輪プログラム披露?

スポーツ

2021.06.07 07:00  女性セブン

羽生結弦 6年ぶりドリーム・オン・アイス出場、五輪プログラム披露?

(写真/AFLO)

6年ぶり出場のドリーム・オン・アイスは北京五輪に向けたお披露目の場?(写真/AFLO)

「近年、『ドリーム・オン・アイス』はトップ選手が出ることが少なくなり、若手がメインのショーになっていました。そこに羽生選手が出るというのは本当に驚きです」(フィギュアスケート関係者)

 羽生結弦選手(26才)が7月9〜11日に神奈川のKOSE新横浜スケートセンターで開催される「ドリーム・オン・アイス2021」(DOI)に出場することが発表された。羽生選手が最後にDOIに出場したのは2015年で、今回は実に6年ぶりとなる。

 会場の公式の収容人数は2500人だが、コロナ対策のために1席空けとなり、1公演あたりの客席は1250席という狭き門。しかも、チケット申し込みが先着順とあって、ファンの間では期待と緊張が高まっている。

 羽生選手がDOI出場を決めたのは、ファンサービスのためだけではないだろう。スケート界では7月1日にシーズンが切り替わる。2014年のソチ五輪を控えた2013年7月、共にDOIに出場した鈴木明子選手(36才)や村上佳菜子選手(26才)と行ったインタビューで彼はこう語っていた。

「今シーズン始まるんだって、いつもこのショーをやるたんびに思っています」「やっぱりオリンピックシーズンってすごく大事なシーズンだと思う」。

 その言葉を裏付けるように、羽生選手は2014年のDOIでショートプログラム(SP)の『バラード第一番』を、翌2015年にはフリーの『SEIMEI』を初披露した。

「北京五輪シーズンとなる来季、フリーは羽生選手自身が『天と地と』を継続したいと話していますが、ショートは新しいプログラムになる可能性が高い。6年ぶりにDOI出演を決めたことで、北京五輪にむけた新SPが極秘完成していて、そのお披露目の場になるのでは?という声もあがっています」(前出・フィギュア関係者)

関連記事

トピックス