スポーツ

大谷翔平とダルビッシュの活躍を支える「アシックス」スパイクの秘密

アシックスのギアで“躍動”(17号ホームランの直後。時事通信フォト)

アシックスのギアで“躍動”(17号ホームランの直後。時事通信フォト)

 二刀流・大谷翔平の快進撃が止まらない。投手としては2勝をマーク、打者としてはホームラン王も射程圏内だ。6月9日(日本時間)のロイヤルズ戦では特大の17号先制ツーランを右翼席に放り込んだ。走塁も超一流で、すでに今季9つの盗塁を成功させている(6月9日現在)。

“走・攻・投”全てのプレーに世界が注目する中、使用する野球用品もスポットライトを浴びている。大谷とアドバイザリースタッフ契約を結び、グローブ、バット、スパイクなどのギアを提供しているのがアシックス社だ。

 前例のない“二刀流”に挑む大谷は、道具にも特別なこだわりがあるという。

「投手のスパイクは右足のつま先部分に強い負荷がかかるため“P革”という補強革をつけるのが一般的です。しかし走塁や打撃も重視する大谷の場合、それではスパイクが重くなり、左右の重量差でバランスが悪くなってしまう。そのためP革はつけず、耐久性があり軽量なポリウレタン樹脂を使った固めのスパイクを採用しています。ソールにもこだわり抜いていて、地面にしっかり力を伝えるために平たいものを選んでいるそうです。

 今季からバットについてもヘッドの重いトップバランスからミドルバランスに変更。素材も柔らかくてしなるアオダモからバーチという固い素材に変えた。今季のホームラン量産は、大谷の細かいリクエストに応えるアシックスの貢献も大きい」(スポーツ紙記者)

 アシックス製品を使用する日本人メジャーリーガーは多い。すでに6勝を挙げ、ナリーグナンバーワン投手との呼び声高いダルビッシュ有や、マリナーズで活躍する菊池雄星も同社のアドバイザリースタッフだ。

「ダルビッシュは高校時代から長く米国ブランドの野球用品を使用していた。しかしメジャー挑戦後にアシックスのスパイクの履き心地に惚れ込んだそうです。ダルビッシュのスパイクは投手専用設計で、親指の付け根部分に斜めの刃がついており、それが軸足で立つ際の安定を高めている。グローブはアシックスの『a』ではなく、ダルビッシュの『D』マークが入った特注品です」(同前)

 アシックスのスパイクと言えば、現役時代のイチローが長く愛用していたことでも知られる(2015年のフロリダ・マーリンズ移籍後はビモロ社のスパイクを使用)。野球界からマラソンランナーまで、精緻なシューズづくりには定評がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン