• TOP
  • スポーツ
  • 五輪出場権獲得の大坂なおみ 「夢の舞台」と語っていたのになぜ沈黙?

スポーツ

2021.06.17 16:00  女性セブン

五輪出場権獲得の大坂なおみ 「夢の舞台」と語っていたのになぜ沈黙?

大坂選手にとって五輪は夢だった

大坂選手にとって五輪は夢だった

 喜びを爆発させてもいいはずなのに、なぜか彼女は沈黙を貫いている。女子テニス協会は6月14日、最新の世界ランキングを発表。2位の大坂なおみ選手(23才)は、56位圏内に与えられる「東京五輪の出場権」を獲得した。

「大坂選手にとって五輪は夢の舞台です。まだ無名だった10代の頃から“五輪に出たい”と明言していました」(スポーツライターの山口奈緒美さん)

 ところが、大坂選手がよく情報発信しているツイッターやインスタグラムでも五輪に関する発言はない。出場権は得たものの、7月5日までに出場の意思表示がなければ、出場は叶わないルールだ。

「ウィンブルドンを5回、全仏を6回も制覇したスウェーデンの名プレーヤー、B・ボルグ選手は、1983年、“燃え尽き症候群”で26才の若さで突然引退しました。テニス界ではいま、うつ病を公表した大坂選手もそのまま引退してしまわないかと心配されています」(テニス協会関係者)

 大坂選手が全仏オープンの記者会見を拒否したのは5月30日。その理由について「何度も同じ質問をされる」「疑念を抱かせるような質問をされる」と訴えた。大坂選手をよく知る関係者が語る。

「彼女が苦痛に思っていたのは、東京五輪について繰り返し聞かれることでした。まるでコロナ禍で五輪を“強行”することが、日本人の彼女のせいかのような言い方もあり、相当なプレッシャーになっていたようです」

「正直なところ私にはわかりません」

 たとえば、今年2月、全豪オープン優勝翌日の会見。大坂選手は五輪開催について聞かれ、こう答えている。

「私にとって初めてのオリンピックであり、東京は夢のような場所です。でも……私はあまり深く考えたくありません。なぜなら、分析しすぎて、自分にストレスをかけてしまう気がするからです」

 同様の話を何度も繰り返ししているにもかかわらず、大坂選手が会見を開けば必ずといっていいほど東京五輪について聞かれた。5月に入ると、欧米メディアを中心に「開催は中止すべきだ」という論調が盛り上がる。5月10日、英BBCインタビューで「開催は適切か」と問われると、大坂選手はこう嘆いた。

「正直なところ、私にははっきりわかりません」

 大坂選手だけではない。スペインの男子トップ選手のラファエル・ナダル選手は「はっきりとした答えはない。自分ではわからない」(5月11日)と語り、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手は出場するかどうか聞かれると「出るべきかどうか、自分に問いただしている。もし会場に観客が入るなら出る」(5月27日)と話して、無観客だった場合の「辞退」を匂わせた。

関連記事

トピックス