• TOP
  • 芸能
  • 山田孝之と勝新太郎の共通点「役の没入感と驚異のプロデュース能力」

芸能

2021.06.23 16:00  NEWSポストセブン

山田孝之と勝新太郎の共通点「役の没入感と驚異のプロデュース能力」

(Getty Images)

映画にドラマと快進撃が続く(Getty Images)

 俳優・山田孝之(37)の勢いが止まらない。6月24日からNetflixオリジナルの主演ドラマ『全裸監督 シーズン2』がスタートするほか、今年に入ってからは共同監督を務めた映画『ゾッキ』や主演映画『はるヲうるひと』が公開されるなど、精力的に活躍している。その魅力を探った。

『全裸監督 シーズン2』は、2019年からNetflixで配信されている賛否両論を巻き起こしたドラマの続編で、セクシー業界の帝王と呼ばれる村西とおる監督の半生を綴ったノンフィクションを原作にオリジナルのストーリーとして再構成した作品だ。山田孝之は村西とおる氏をモデルとした同名の主人公を演じる。

 シーズン1の配信では、特徴的な話術で知られる村西とおる氏と“そっくり”な山田孝之の演技も話題を呼んだ。だがシーズン1の会見で山田が「モノマネではなく、自分なりの村西とおる像を作りたかった」と語っていたように、あくまでも演技である点は重要だ。映画評論家の寺脇研氏は、山田孝之の演技力をこう評価する。

「モノマネとは全く異なります。モノマネのように形を真似るだけではなくて、中身まで成り切っていることが重要なんです。そうすると、表面的な形だけを比べても似ていなくても、視聴者に“ここに××がいる”と思わせてしまうことができる。山田孝之さんにはそうした力があります」(寺脇研氏)

 さらに寺脇氏は、山田孝之が“ここに××がいる”と視聴者に感じさせることができるのは演技力だけではないと指摘する。

関連記事

トピックス