ライフ

1971年11月23日、幻の「ポルノ解禁」騒動を改めて振り返る

日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が…(写真はイメージ)

日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が…(写真はイメージ)

 欧米でポルノ解禁の嵐が吹き荒れていた1970年代初頭。日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が囁かれた。しかも1971年11月23日に解禁されると日にちまで特定されていたのだから信憑性もあった。

 この時期、日本でも以前に比べて、猥褻に関しての取り締まり基準が緩くなってきていたこともあり、解禁の噂を信じて色めき立った映画会社や出版社も多かった。中にはそれまで禁じられていたアメリカのポルノ写真集を輸入しようと手はずを整えていた業者までいたほどである。

 結局、これはデマであることがわかり、11月23日は何事もなく終わった。しかしポルノを解禁しないのは欧米に比べて遅れているのではないか、という意見は根強く残った。サブカルチャー誌の雄として知られる『スタジオ・ボイス』(流行通信)が1977年に「陰毛解禁運動」なる連続企画を掲載していたのは正にその象徴だろう。

 美輪明宏、フランソワーズ・モレシャン、立木義浩、四谷シモンといった文化人が猥褻規制や陰毛解禁について語っていくこの企画、なんと1年にわたって連載されたのだから、同誌の陰毛解禁に対する思い入れの強さが感じられる。

 この特集の第1回の前文にはこう書かれている。

「陰毛表現一つを取り上げてみてもこの現在の日本の表現の自由における状況は、どんなに閉そく的であるかは、これから記していくことから明らかになるだろう。(中略)日本はこのままでは、文化的鎖国状態になってしまうだろうから……」

 陰毛を語ることが表現の自由を語ることだった、そんな時代があったのである。

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)
ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子
週刊ポスト
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」
国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった
週刊ポスト
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン