ライフ

万人の怒りを買うLINEの地雷ワード「忙しくて返信できなかった」など

スタンプ

簡単な返信やスタンプなど、慎重に使わなければならない返信もある

「LINE」は、多種多様なスタンプとともに会話感覚で“メールトーク”が楽しめ、いまや国内で約8800万人が利用している人気のコミュニケーションアプリだ。コロナ禍で人に会えない昨今、利用頻度が増えている読者も多いのではないだろうか。しかし、その気軽さゆえに、言葉選びを間違えると、人間関係にひびが入ることもある。

「LINEは2011年にサービスをスタートしたメッセージツールです。画期的だったのは、相手が読むと“既読”マークがついて通知される点。これにより相手が“見た”と確認できるため、ビジネスでも使われるようになりました」

 そう教えてくれたのは、ビジネスマナー講師の鈴木真理子さん(「」内、以下同)。コロナ禍以降、人と会えない代わりにLINEでのコミュニケーションが増え、その分、トラブル相談も急増したという。

「LINEは、スマホを使ってどこからでも気軽に連絡ができるうえ、リアルな会話を彷彿とさせるチャット方式で表示されるため、相手との距離感が近くなりやすいんです。つまり本音が漏れやすく、誤解を生みやすい。それがトラブルの原因になっています」

 LINEはあくまで“文書”である。会話で交わされる言葉なら、相手の表情やその場の雰囲気なども考慮して笑いで済ませられることも、字面だけで意味を判断するとなると、想定外の印象を与えてしまうことがある。たとえば、「がんばって」という励ましの言葉も、対面で心配そうな顔をしながら伝えるのと、ただ一言、文字で送るのでは、印象が変わり、同じ励ましの言葉なのにもかかわらず、怒りを買うことがある。

スタンプだけは失礼にあたる!

 LINEならではといえる絵文字表現“スタンプ”も誤用すると地雷になるという。

「本来は、会話にユーモアを加えるための表現方法ですが、スタンプだけで返答しては、雑に扱われたと思われますし、また、場違いな絵柄のスタンプを送れば、失礼と受け取られることも。基本的には、立場が上の人には使わない方がいいでしょう」

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン