ライフ

家飲みによる騒音トラブル 注意するときは「丁寧な言葉の手紙」で

りも

同じ家飲みでも、Zoomなどで他人の目がある方が飲みすぎない(写真/Getty Images)

 コロナ禍で外に飲みに行くことが減り、家飲みをする人が増加した。終電を気にしなくてよく、安上がりというメリットもある一方で、予想外の弊害が起きているという。例えば、空き缶や空き瓶、つまみの残骸などで部屋が散らかり、その結果ゴキブリが頻繁に出るようになった人もいるという。

 さらに、2020年の警視庁の調べでは、「騒音による通報」が、都内だけでも約19万件だった。前年から5万件近く増えている。東京都の会社員、長山芳江さん(51才・仮名)も頭を抱えていた。

「隣に若い夫婦が住んでいて、週末のたびに、人を呼んでお酒を飲み、大声で騒ぐんです。ひどいときは、ベランダでバーベキューをしたり、たばこを吸ったりして、窓を閉めていてもにおってくる。夫が注意しに行ったのですが、相手は酔っぱらっていて“逆ギレ”……騒ぎが大きくなり、警察を呼ばれてしまいました」

 近隣トラブル仲介サポートを請け負うグッドネイバー代表の松尾大史さんが言う。

「ご近所トラブルで最も多いのが、騒音によるもの。自粛生活が長引いたためか、今年は去年よりさらに相談が増えています。相談者は30~40代か高齢者、騒音を出しているのは20代の若者が多い」

 夏を迎えて窓を開けて過ごすようになると、こうしたトラブルはますます増えると予測される。

「お酒に酔っていると、自分が大声を出しているという自覚がなくなります。そこで〝静かにしてください〟とか“うるさいんですけど”などと迷惑者扱いされると拒否反応が出て、トラブルに発展しがちです」(松尾さん・以下同)

 騒音を指摘したい場合は、うるさいと感じても、すぐに乗り込むべきではない。相手が酔っていると感情的になりやすく、トラブルにつながる可能性が高いからだ。

「後日、“夜は少し静かにしていただけるとうれしいです”などと、相手を責めないような口調で書いた手紙をポストに入れておくのが、最も穏便です。それでも収まらなければ、警察ではなく、大家や管理会社などに連絡を」

 自分が家飲みをする場合は、あらかじめ隣人に「騒ぎすぎないようにするつもりですが、もしうるさかったら気軽に言ってください」などと伝えておくのが安心だ。

※女性セブン2021年7月15日号

安全な家飲みを心がけよう

安全な家飲みを心がけよう

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン