ライフ

医師の「インスリン・オフ療法」を支えるタンパク脂質食

水野雅登医師が解説

水野雅登医師

 患者を服薬のストレスやリスクから解放する“断薬”。だが、「やめたいけど、なにをどうすればいいのか」と疑問を持つ患者は多いだろう。そこで今回は糖尿病治療で使われるインスリンについて、「断薬に至るプロセス」を医師に詳しく教えてもらった。

 糖尿病が進行して一度インスリンを始めると、“一生のつきあい”になるといわれている。しかし、『糖尿病の真実』(光文社新書)の著者の水野雅登医師は、これまでに2型糖尿病(※注)患者84例すべてで、脱インスリンを実現させた。

【※注/糖尿病は原因によって「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分類される。1型は「膵臓のβ細胞が壊れ、インスリンがほとんど分泌されなくなる」、2型は「主に生活習慣により、インスリンの分泌量が減った」ことによるもの。糖尿病患者の95%が2型糖尿病に当たる】

「他院から転院した患者からは『なぜインスリンを打っているのに、膵臓は回復しないのか』と質問されることが多いです。

 これまでは、インスリン注射を打つことで、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を休ませて回復させるというのが医師の常識でしたが、実際は弱っているβ細胞にさらに負担をかけ、弱体化させていたのです。そこで始めたのが糖質を抑えた食事や薬で膵臓の負担を最小限にするインスリン・オフ療法です」(水野医師)

 インスリンを打つと低血糖になるため、「『1日のエネルギーの6割を炭水化物で摂りなさい』と医者に言われているんですが……」と戸惑う患者も多いという。

「これは糖質を過剰に摂取して悪化した糖尿病患者に、『さらに糖質を摂り続けなさい』と指導しているも同然です。しかもインスリンを打つと強い空腹感を感じ、暴食しがちになる。この悪循環で、血糖値はどんどん上がり、インスリン注射も増えてしまいます」

 水野医師のインスリン・オフ療法の根幹を支えるのが「タンパク脂質食」だ。1日に最低でも体重の1.5倍以上のグラム数(体重60kgなら90gという意味)のタンパク質を摂るというもの。

「タンパク質で筋肉を増やして糖の消費を促進し、膵臓を休ませることでβ細胞の働きを回復させます。

『すぐにタンパク脂質食を始めたほうがいいか』と質問を受けます。糖尿病予備軍やまだ薬を処方されていない方は始めても構いませんが、すでに内服薬やインスリンを処方されている場合は、低血糖で危険な状態になるケースもあります。

『インスリンをいつやめていいのか』もよく訊かれますが、どちらもかならず医師の判断に従ってください」

 タンパク脂質食が逆効果になってしまうのは、「肝不全」や「膵炎」などの患者だという。肝不全はタンパク脂質の代謝ができないので、エネルギー不足になり、膵炎は高脂質食で悪化する。他にも「長鎖脂肪酸代謝異常症」や「尿素サイクル異常症」の患者にも厳禁だ。

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン