C型肝炎は感染から20~30年かけて肝硬変や肝がんなどを発症するとされている。

「長い年月をかけて徐々に肝臓が蝕まれ、じわじわ弱っていくのです。弱った臓器では治療期間も長くなりますし、ほかの病気へ進行すれば治療費の負担が格段に上がり、命にもかかわります。逆に言えば、早期に感染がわかることで適切な治療を受けて、深刻な病状に進行するのを防ぐことができます。だからこそ、まずは自分の体を知ることが大切なのです。ご自身が肝炎ウイルスに感染していないか、検査を受けていただきたい。検査は1度で済みますし、採血をするだけ。原則、無料です」

 住んでいる市町村や保健所に問い合わせるか、かかりつけ医に検査を相談してほしいと語る。

「ウイルスに感染していたらどうしよう、感染していてつらい治療をするのは怖いから検査を受けたくない─—そんな心配の声を聞きますし、その気持ちもわかります。ですが、私が治療していた当時よりもC型肝炎の治療法は進歩し、現在はウイルスを排除するためののみ薬による治療が主流になりました。副作用も少ないのみ薬です。

 あのつらい注射がないなんて私の経験と比べたら“天国”のよう。治療は国からの医療費助成も受けられます。どうか怖がらずに検査を受けていただきたいです。胃がんの原因となるピロリ菌の検査が広まっているように、同じ感覚で肝炎ウイルスも気軽に検査してほしいなと思います」

 伍代はプロジェクトの活動に留まらず、日頃から周囲に検査を呼びかけている。

「会う人、みんなに聞いています。同窓会でも友達に『まさかと思うけど、検査に行ってないわけないよね?』って。で、まだ行ってないと言われて『ダメよ、行かなくちゃ』なんてね。肝炎の知識を持つことで、日常の中でそんな声かけの輪も広がっていったらいいなと願っています」

 まずは肝炎について正しい情報を知り、検査も考えてほしい。それが自分の、そして家族のためにもなるのだから。

※女性セブン2021年8月12日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン