国内

水害で車が水没したら… 逃げる目安は「タイヤが半分水に浸かる前」

災害時、命を守る行動とは

災害時、命を守る行動とは

 台風が多いこの季節。思いも寄らない水害に遭う可能性もある。命を守るためには、何が適切な行動であるかを知っておくべきだ。そこで、水害時における“命を守る行動”を紹介する。

床下浸水しそう 家に残るべき?

(イラスト/カツヤマケイコ)

床下に浸水してきたらすぐ逃げる(イラスト/カツヤマケイコ)

 避難指示が出されていなくても、自宅に水が入ってきたら、すぐに避難をするのが基本だ。日本防災士会常務理事の甘中繁雄さんはこう話す。

「床上浸水したと思ったら、30分もしないうちに首まで水につかったという例もあるため、床下浸水の時点で避難行動をとるべきです」(甘中さん・以下同)。

 避難区域にあり、避難指示が出されていても、避難所に行かなくてもいい場合がある。

「自治体が発行しているハザードマップで自宅の水害や土砂崩れなどの危険度を確認し、自宅が想定最大浸水深よりも上にあり、土砂災害や家屋倒壊等氾濫想定区域外なら自宅に留まっても問題ありません。浸水深が10mくらいで、3~4階まで浸水する可能性がある。マンションの場合は、5階以上に避難できれば安全です。

 ただし、周囲が浸水すれば水が引くまで家から出られなくなるため、水や食料などの備えが必要。電気・ガス・水道・トイレなどが使用できなくなる恐れもあるので、ランタンなどの明かりや、簡易トイレなどの備えは必要です」

車が水没し始めた!

(イラスト/カツヤマケイコ)

車が水没し始めたら?(イラスト/カツヤマケイコ)

 車は水没すると水圧でドアが開かず、閉じ込められる危険が高い。ニュースなどでまだ浅い水の中を走る車をよく見るようになったが、たとえ10cmほどに見えても、水の中を走り続けていればマフラーの排気口から水が入り、やがて排気がうまくできなくなってエンジンが停止。窓も開かなくなる。

 こうなる前に、すぐに車を止めてドアを開け、避難すること。避難の目安は、タイヤの半分が水につかる前だ。

 それより水位が高くなると車体が浮いたり、水圧の関係でドアが開かなくなる。窓が開く場合は窓から、開かない場合は脱出用のハンマーなどで窓ガラスを叩き割って避難しよう。

「ゲリラ豪雨や線状降水帯の発生などで局所に集中的に雨が降ると、都市部の道路でも排水が追いつかずに冠水することがあります。“これくらいなら通り抜けられる”という安易な考えが命取りに」

 水没車は電気系統が濡れたことで出火や爆発の危険があり、修理か廃車の選択に迫られることも知っておこう。

ハンマーで車から脱出する方法

(イラスト/カツヤマケイコ)

ハンマーを使って脱出!(イラスト/カツヤマケイコ)

 脱出用ハンマーを常備しておけば、水没しても逃げられる。使う場合は、正面ではなく横の窓ガラスの四隅を思い切りハンマーで叩き、ひび割れたら体が出られるくらいまで穴を広げ、仰向けになって背中から外に出ること。

取材・文/山下和恵

※女性セブン2021年8月12日号

関連記事

トピックス