ライフ

還暦目前でも30代とデート 婚活ルポ著者(57)の証言

スマホの婚活アプリが主戦場だ(イメージ)

スマホの婚活アプリが主戦場だ(イメージ)

「人生100年時代」を叫ばれる現代では、もはや“結婚適齢期”は20代、30代に限ったものではない。本人さえ「結婚したい」と希望しているなら、いつだって結婚適齢期と言える。今年5月に婚活ルポ『57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)を上梓した石神賢介氏は、タイトルの通り、還暦目前の57歳だ。

 2011年には、40代で『婚活したらすごかった』(同)を著した石神氏。10年前と比べて、現在の年齢は婚活市場でかなり不利かと思いきや、そんなことはないらしい。20歳ほど年下の相手ともデートを楽しんでいるという。

10年前と比べて、婚活は出会いやすくなった

——前著『婚活したらすごかった』から10年が経ち、婚活業界はどのように変化しましたか?

石神:10年前にも婚活サイト自体はありましたが、ネット上で顔を出すことへの忌避感が強いせいか、プロフィールに写真を載せている人は少数派な印象でした。また、わざわざ婚活しているというのは、日常生活でパートナーを見つけられていない証拠のようで、正直恥ずかしい行為という感覚がありました。ですが、いまやネットを通じたパートナー探しは当たり前のこと。結婚式の司会をしている知人に聞いたところ、今は10組カップルがいたら3組はマッチングアプリがきっかけだそうです。

——40代から50代になって、婚活で出会いにくくなった印象はありますか?

石神:今は中高年層でも普通にスマホを使っているでしょう? だから僕と同じか上の年齢の方々も普通に婚活アプリに登録しています。実際の統計はわかりませんが、年齢関係なく婚活市場にいる男女の総数は増えた印象です。そのぶん個人の実感としては、むしろ昔と比べて出会いやすくなりました。

——年齢が上がったからといって、出会えなくなったわけではないんですね。

石神:イケメンでも高所得者でもない、僕のような普通のアラカンのおじさんでも婚活アプリで1週間にひとりのペースでデートできます。もちろん、「きちっと」やらないといけませんがね。大事なのは、とにかく機会を増やすこと。打率1割でも、何十人にも申し込めば返事はゼロじゃありません。「女性のコメントをきちんと読んで丁寧にレスポンスする」などの基本を抑えて、根性とマメさを持てば、ちゃんと出会えるんです。まぁ婚活は、デートしてからがまた大変なのですが……。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン