• TOP
  • ライフ
  • 冷房の効いたお部屋で読書でも? 芥川賞・直木賞受賞4作品を紹介

ライフ

2021.08.11 16:00  女性セブン

冷房の効いたお部屋で読書でも? 芥川賞・直木賞受賞4作品を紹介

book

李琴峰著『彼岸花が咲く島』

 まだまだ暑いこの季節。冷房の効いた室内で読書を楽しんでみるのもいいのでは? そこで今年7月に発表された芥川賞・直木賞の受賞作4作品を紹介します。

◆芥川賞受賞作

『彼岸花が咲く島』
李琴峰/文藝春秋/1925円

 芥川賞は、清新な才能を言祝ぐ新人賞。今期は対照的な2作が受賞した。例えるなら“美人さんとお転婆さん”。本書は後者だ。南の島に漂着した記憶喪失の少女。助けてくれた島の娘游娜と共にノロを目指す。両者は使用言語が微妙に違う。この設定には日本在住の台湾人として向き合う地政学や、日本のソフトファシズムを憂う心情が見える。喧嘩上手の作家になりそうで、楽しみ。

book

デビュー作にして芥川賞を受賞した『貝に続く場所にて』

『貝に続く場所にて』
石沢麻依/講談社/1540円

 ドイツ留学中の「私」は日本の知人を大学都市ゲッティンゲンで迎える。彼とは津波の日以来会っていない。9年の空白を超え仙台からドイツまでやってきたお盆の霊……。聖女と同じ名のドイツ人女性達との交流、中断した夏目漱石の『夢十夜』の読書会、ふいに顔を出す寺田氏(漱石の弟子寺田寅彦)。表象、象徴、暗喩や寓意。絵の細部を解読する図像学が小説になったような作。

関連記事

トピックス