ビジネス

人気集めるコンビニ「冷凍フルーツ」 大手4社に売れ行きやトレンドを聞いてみた

コンビニ各社から続々と発売される「冷凍フルーツ」

コンビニ各社から続々と発売されている「冷凍フルーツ」

 猛暑続きの夏、コンビニではアイスの人気が止まらないが、近年、冷凍ケースの中で一際注目を浴びているのが、果実をそのまま凍らせた「冷凍フルーツ」だ。コンビニジャーナリストの吉岡秀子氏が、冷凍フルーツの売れ行きやトレンドをコンビニ大手4社に聞いた。

 * * *
 冷凍フルーツの市場が拡大中だ。財務省によると、2020年1~12月の冷凍果実輸入量は、前年比1.6%増の8万トン超、金額ベースで256億8939万円(1kgあたりの平均単価は313.6円)と4年連続で前年を上回った。

 特に昨今はコロナの影響で伸びた一面もある。自宅にいる時間が長い分、「買い置きできる」「簡便性が高い」「アレンジ自在」といった冷凍フルーツの価値に多くの人が気づいたからだ。

 コンビニでは2013年にセブン-イレブン(以下セブン)が発売してからじわじわとファンを増やし、今では各社がシリーズを揃えるほどに。実際、コンビニの冷凍フルーツはどんなふうに売れているのか。各社のケースを見ていこう。

30~40代の男性顧客が目立つミニストップ

「3年前の発売時に比べると、売り上げは約400%になっています」

 と言うのは、ミニストップ グロッサリー日用品商品部の横井健吾氏。驚異的な数字だ。

 ミニストップでは2018年から冷凍フルーツの取り扱いを始め、現在、「トップバリュ コスタリカ産ゴールデンパイン」や「トップバリュ 皮ごと食べられるぶどう」など計6種類を展開している。

ミニストップの「冷凍フルーツ」

ミニストップの「冷凍フルーツ」

 購買客はチェーンのメイン客層である30~40代の男性が目立つといい、「ヨーグルトに混ぜたり、そのまま召し上がったり。また、チューハイやカクテルと一緒に楽しまれる傾向があります」(横井氏)

 中でも、もっとも人気が高い商品は「トップバリュ 4種のベリーミックス」だという。

「アンデスのふもとで採れたブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、ブラックベリーをミックスしており、そのままでもアイスのトッピングなどにも手軽に使用できるのが人気の理由です」(横井氏)

ミニストップで人気の高い「4種のベリーミックス」

ミニストップで人気の高い「トップバリュ 4種のベリーミックス」

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン