芸能

フジテレビ特番「総合司会」を新人女子アナ3人が務めざるを得ない事情

新人女子アナを大抜擢した背景に何が?(時事通信フォト)

新人女子アナを大抜擢した背景に何が?(時事通信フォト)

 8月28日、29日と2夜連続でゴールデン帯、プライム帯で『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』(フジテレビ系)が放送されている。番組ではダウンタウンの松本人志が“キャプテン”、中居正広、ナイティナインが“サポーター”、千鳥、アンタッチャブルが“アシスタントサポーター、総合司会は3か月半前に入社したばかりの小山内鈴奈アナ、小室瑛莉子アナ、竹俣紅アナという3人の新人アナウンサーが務めている。フジの新人アナは『27時間テレビ』の最後に提供読みをしてデビューしていたが、同番組は昨年も今年も放送されていない。

 今年の新人アナは7月に『Live News イット!』のフィールドキャスターとしても画面に登場しており、例年と比べて早いお披露目となっている。テレビ局関係者が話す。

「局を挙げた大型番組で、新人アナを起用するのは異例中の異例ですね。通常、エースアナが務める仕事です。フジテレビであれば一昔前なら加藤綾子アナ、ふた昔前なら高島彩アナが大役を担ったでしょう。本来なら『FNS歌謡祭』のMCをしている永島優美アナになったのではないでしょうか。

 しかし、昨今は“働き方改革”の影響で、アナウンサーの仕事量も過度にならないよう調整が必要になっている。そのため、平日の5日間『めざまし8』を担当している彼女には振られなかったという事情もあるでしょう。ただ、それ以上に春に起こった女子アナの“ステマ疑惑”が大きく影響していると思います」(以下同)

 今年4月、『週刊文春』でフジテレビのアナウンサー数人が美容室や系列店で無料サービスを受ける見返りに、宣伝協力として店のSNSに登場していた“ステルスマーケティング(ステマ)疑惑”が報じられた。フジテレビは疑惑発覚後から「ステマには該当しない」としてきたが、5月28日の定例会見では遠藤龍之介社長が「外部の弁護士も入れた詳細なヒアリング調査を実施し、社員就業規則に抵触する行為が認められた」と発表。ステマがあった事実こそ認めなかったものの、6月には木下康太郎アナ、宮澤智アナ、堤礼実アナ、久慈暁子アナ、三上真奈アナ、海老原優香アナ、杉原千尋アナ、三田友梨佳アナ、井上清華アナの9人が各人のインスタグラムアカウントで反省の言葉を並べた。

関連キーワード

関連記事

トピックス