• TOP
  • ライフ
  • 20代女性「ワクチン接種2日後から大量の抜け毛」体験談を検証する

ライフ

2021.08.31 07:00  週刊ポスト

20代女性「ワクチン接種2日後から大量の抜け毛」体験談を検証する

モデルナ製ワクチンを打ったある女性が話題に(イメージ)

モデルナ製ワクチンを接種したある女性が話題に(イメージ)

「6月29日にモデルナ製ワクチンの1回目接種を終え、その日は発熱もなく腕の痛みだけでしたが、2日後に“なんかいつもより抜け毛が多いな”と感じました。それからは日を追うごとにごっそりと毛が抜け落ちていきました」

 そう話すのは西日本在住の28歳女性・Aさんだ。7月26日、Aさんは〈コロナワクチン1回目接種後にハゲました〉というタイトルで、自身の頭髪が抜けていったことをブログに投稿した。

「ワクチンとの関連性は分かりませんが、同じような悩みを抱えている人が他にもいるのではと思い、ブログを始めました」

 Aさんによれば、接種2日後以降に髪の毛の抜ける量が増え、3日後には風呂場の排水溝に「子ネズミ1匹くらい」の抜け毛が溜まっていたという。その後も脱毛は進み、約1週間で円形脱毛が3つ、1か月で頭頂部の皮膚がほとんど見える「バーコード状」になったとする経過がブログに掲載されている(別掲写真)。

「皮膚科にも診てもらいましたが、“ワクチンの副反応として報告はない”と、ステロイドの塗り薬を処方してもらっただけです。今まで入院はもちろん、大きな病気にもかかったことがありません。薬のアレルギーも血液検査も異常はなく、健康だけが取り柄だったのですが……」(Aさん)

 国立国際医療研究センターが2020年に行なった追跡調査では、新型コロナ感染の後遺症として頭髪の脱毛症が認められているが、ワクチンとの関連性についてはどうなのか。

「ワクチンによる脱毛症についてはっきりとした報告はありません。ただ、私自身、接種後に円形脱毛症が発症・悪化したという患者さんを2人診たことはあります」

 そう話すのは、浜松医科大学皮膚科学講座准教授・病院教授の伊藤泰介医師だ。

「円形脱毛症は『自己免疫疾患』の結果、発生することが分かってきています。自己免疫疾患とは、何らかの原因で免疫が暴走して自身の身体を攻撃してしまうこと。ウイルスに感染すると熱を出すといった免疫反応があり、それが自己免疫疾患を悪化させることがあります。だから新型コロナ感染後に、脱毛症が起きる症例が報告されているわけですが、ワクチンでも類似の免疫反応が起きる可能性は考えられます」

関連記事

トピックス