国際情報

米軍がアフガニスタンに落とした「忍者爆弾」の恐ろしい威力

爆撃を受けた首都カブール(写真/AFP=時事)

爆撃を受けた首都カブール(写真/AFP=時事)

 8月30日に20年に及ぶアフガニスタン駐留を終えた米軍。首都カブールで自爆テロを起こした過激派組織イスラム国(IS)系の地元武装勢力に対し、報復攻撃を断行した際には、“秘密兵器”を使用したと報じられた。それが米軍内で「忍者爆弾」(ニンジャ・ブレード)と呼ばれる『R9X』だ。

 中東とテロが専門の星槎大学大学院教授の佐々木伸氏が指摘する。

「忍者爆弾は小型のミサイルで、レーザー誘導して標的をピンポイント攻撃できる強みがある。着弾時に弾頭を爆発させる代わりに6枚の大きな刃が飛び出て標的を切り刻みます。今回の攻撃での使用を米軍は明らかにしていませんが、アラブ首長国連邦にいる米軍の操縦者が『死神』(リーパー)と呼ばれるドローンに装填し遠隔操作して発射したようです」

 忍者爆弾は米軍がテロリストを攻撃する際、民間人が巻き添えになることを避ける目的で約10年前に開発が始まり、2019年に初めて実戦で使用された。だが、今回の報復攻撃では民間人が犠牲になったと報じられた。

「これまでは地上にいるCIA工作員や協力者による詳細な情報などに基づいて攻撃作戦を行なっていましたが、今回は撤退に伴い、地上の情報が少ないなかで実行されたようです。いくら新兵器を開発しても不確かな情報で作戦を実行すれば、民間人が巻き込まれるリスクが増大します」(佐々木氏)

「秘密兵器」は「諸刃の剣」でもあるようだ。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

6枚の刃で標的を攻撃。その形状から「シュリケン」とも

6枚の刃で標的を攻撃。その形状から「シュリケン」とも

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン