芸能

岡田晴恵さんは7位に コロナ専門家、出演回数ランキングが激変

どんどんおしゃれになっていると言われた岡田晴恵さん(『ひるおび』より)

コメンテーターとして出演を重ねていた岡田晴恵さんはいま…(『ひるおび』より)

 新型コロナウイルスの「第5波」が依然続くなか、「コロナの女王」として昨年、テレビに出ずっぱりだった白鴎大学教授の岡田晴恵氏(公衆衛生学)の出演回数が大きく減っている。昨年はテレビ出演回数が357回、とくに1月~6月の上半期は267回と引っ張りだこだったが、今年上半期は72回と大幅ダウン(ニホンモニター調べ、以下同)。ワイドショーで政府のPCR検査体制を批判するなど、舌鋒鋭いコメントで注目を集めていたが、なぜテレビで視聴者が目にする機会は減っていったのだろうか。

「基本的にテレビ局はずっと同じ人をコメンテーターとして使うより、幅広くいろんな人に話を聞きたいという傾向があります。岡田さん以外にもコロナについて語れるコメンテーターが増えたため、相対的に出演回数が減ったということは考えられます」

 そう指摘するのは、テレビ局のキャスティング事情などに詳しい芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。コロナ禍によって、これまでテレビで見る機会のほとんどなかった「感染症の専門家」が、数多く出演するようになった。

 その出演順位を見ると、昨年コロナ関連のコメンテーターでテレビ出演回数1位(515回)だった二木芳人・昭和大学客員教授は今年も不動の1位(上半期で222回)。
 
 続く2位(156回)の松本哲哉・国際医療福祉大学教授(昨年は232回で4位)や3位(136回)の北村義浩・日本医科大学特任教授(昨年は187回で6位)、4位(134回)の水野泰孝・グローバルヘルスケアクリニック院長(昨年は267回で3位)らがハイペースでテレビに出続けているのに比べ、岡田氏が昨年の2位から7位へ順位を落とし、出演回数も大きく減っていることが目立つ。佐々木氏が言う。

「発言内容への評価や視聴者からの反応など、様々な複合的要因があっての結果だと考えられます。昨年後半から、芸能事務所へ所属したことが影響している可能性も考えられます。

 テレビの文化人枠のギャラは、タレントに比べて割安な相場ですが、事務所に所属することで単価が上がる場合もあります。これまでにないハイペースでテレビに出演し、服装やメガネ、お化粧などについても話題になり、一時期は激やせしたことも報じられた。そうした大騒ぎや一部バッシングに、ご本人が疲れてしまって出演回数をしぼっているとも考えられるでしょう」

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン