ビジネス

大人向けファッションを強化するGU おじさんでも不格好にならない着回しコーデ術

親子でGUを訪れるファミリーも増えている

親子でGUを訪れるファミリーも増えている

 これまで「GU(ジーユー)」といえば、若者に人気のカジュアルファッションチェーンと思われてきたが、最近では30代以降の大人をターゲットにした服も販売。親子で店舗を訪れる光景も目にするようになった。だが、下手にジーユーファッションを選ぶと余計にかっこ悪くなってしまう恐れも。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、おじさん世代でも失敗しない“GUの着回しコーデ術”を指南する。

 * * *
 先日、女優の麻生久美子さんを起用した「オトナGU」というコンセプトがジーユーから発表されました。これは、30代以降をターゲットとした取り組みです。現在のところ、レディースアイテムが中心となっていますが、メンズにもこれに類した商品があり、今後は“おじさん世代”でも着られるラインアップが増えていくものと思われます。

 若者向けトレンドブランドだったジーユーが30代以降の男女を取り込もうとした狙いはどこにあるのでしょうか。

オトナ世代の顧客が増えたGU

 まず、30代以降、特に40代後半以降は第2次ベビーブーム世代であり、今の若者と比べて圧倒的に人口が多い。また、就職氷河期世代を含んでいるとはいえ、若者と比べると所得が多いこともあるでしょう。

 ジーユーにとって、若者はある程度取り込み切ってしまったから、さらにパイの大きな層をターゲットにしたといえますが、個人的には、ここ数年間の顧客動向に追随した側面もあるのではないかと考えています。つまり、「今から大人世代を狙っていこう」というよりは、「すでに大人世代の顧客が増えてきているから、そこを強化しよう」といった戦略にもみえます。

 かくいう筆者も50歳を超えた立派なおじさん世代。ですが、この3年間ジーユーで服を買う機会が増えました。

関連キーワード

関連記事

トピックス