• TOP
  • 芸能
  • 中川翔子、熊田曜子…「なぜアラフォービキニ」が人々を魅了するのか

芸能

2021.09.13 16:00  NEWSポストセブン

中川翔子、熊田曜子…「なぜアラフォービキニ」が人々を魅了するのか

美ボディで魅了するアラフォー

美ボディで魅了するアラフォー

「100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。」── もうご存じだろうか? かなり大げさなタイトルで、YouTube公開わずか10日で800万回再生を突破し、1000万回超えも秒読みとなっているのは、36才のタレント、しょこたんこと中川翔子の動画である。

 今年に入り7キロのダイエットに成功していたしょこたんが、神奈川・江の島で「(17才だった2002年)ミス週刊少年マガジンの頃以来」という、仕事での水着姿を披露すると、ネット上では「脱いだらすごかった!」「マシュマロボディー!」と、ツイッターでトレンド入りするほどに話題となった。

 一方、私生活では離婚問題に揺れる熊田曜子(39才)も、久々に本領を発揮した。9月5日の京セラドーム大阪での「関西コレクション」のランウェイに登場すると、紺のコートを脱ぎ去り、金色の極小ビキニ姿に変身。自慢のボディーを惜しげもなく披露した。

 どちらもキャリア約20年のベテランだが、まだまだビキニで存分に勝負できることを証明してみせた。あるアイドル雑誌の編集者が熱弁する。

「まるでタイムスリップしたかのようですが、改めて変わらぬ美しさには驚きです。近年はグラビア年齢がどんどん上がっています。若者の活字離れにより雑誌の読者層も平均年齢が上がり続けていて、若い頃から注目していたグラドルのグラビアをもう一度見たいという欲求が高まっているように思います。

 20代より30代、さらに40代と、色気というか、その年齢特有の魅力というのが出てきますよね。昨年は、宮崎美子さんが61才でビキニ姿を披露して、大きな話題となりました。彼女は唯一無二の存在ですが、歳を重ねてもビキニ姿には多くの需要があるんです」

関連記事

トピックス