• TOP
  • 国内
  • 小室圭さんは「上皇ご夫妻以上」の厳重警備 信号機も操作されていた

国内

2021.09.28 13:10  NEWSポストセブン

小室圭さんは「上皇ご夫妻以上」の厳重警備 信号機も操作されていた

上目遣いで自宅に戻る小室さん

上目遣いで自宅に戻る小室さんの前後にはSPらしき警備担当者も

 秋篠宮家の長女・眞子さまと結婚予定の小室圭さんが9月27日に米ニューヨークから帰国し、横浜の実家で2週間の「隔離期間」に入った。成田空港で待ち受けた報道陣の前に現れた小室さんは、いまや“トレードマーク”となった長髪をうしろで束ねた姿でカメラに向かって会釈をしたものの一言も発することなく、移動の車へと乗り込んだ。

 小室さんが降り立った成田空港で取材にあたった記者の間で話題になったのが、警備の厳重さだ。テレビで見るだけでもSPと見られる男性数名や空港職員らに囲まれながら歩く様子が伝わってきたが、“カメラの外”でも厳しい警備が繰り広げられていた。現場にいた記者のひとりが語る。

「小室さんが空港を出発する際には、一般客が使用する到着ロビーではなく、特別なルートを使って地下の職員用駐車場を使っていました。VIP扱いです。車は緑ナンバーのワンボックスカーで、千葉県と東京都に事務所を持つハイヤー会社のものでした。

 前後には、千葉県警の覆面パトカーが2台。さらに最後尾には、神奈川県警の覆面車両がついていて、計4台の物々しい車列になっていました。宮家でも普段は1台の側衛車両がつくのみなので、4台となると眞子さま以上の警備体制といえるでしょう」

 さらに報道陣を驚かせたのが、“信号機操作”だった。小室さんを乗せた車列が空港の敷地外へ出る際に、千葉県警の警察官が空港前の信号機を手動で操作したのだ。報道関係の車や一般車両が並ぶ車道を「赤」にしてから、小室さんの車列だけが素早く高速道路の入り口に滑り込んでいく──。

「車道の信号機操作をするのは、皇室の場合は天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻ですが、操作せずに一般車両とすれ違うことだってあります。宮家の場合は基本的に信号機の操作すらしません。皇族方以上の警備体制だったといえますね」(同前)

 4台の車列にしろ“信号機操作”にしろ、まるで海外要人を迎えるような警備だったのだ。

 一方、横浜市にある小室さんの自宅マンション前も、20人ほどの警察官が出動して物々しい雰囲気に包まれていた。小室さんが渡米してからは使用されていなかった要人警護用の簡易派出所(ポリスボックス)も再稼働し、2週間の隔離期間も厳重な警備が敷かれることになる。

 眞子さまと再会し、2人で記者会見に臨むのは10月12日以降。婚姻届を提出後、当面の間、都内のマンションなどに住んでパスポートの取得など渡米に向けた手続きを取るとみられる。その間も厳重な警備が続くのだろうか。

関連記事

トピックス